佐藤健&武井咲、剣心の強さの秘密を明かす!「戦うことがラブシーンになる」

佐藤健と武井咲を直撃!剣心の強さの秘密を語ってもらった
  • 佐藤健と武井咲を直撃!剣心の強さの秘密を語ってもらった

圧倒的な熱量、完成度の高さで観客を興奮のるつぼに巻き込んでいる『るろうに剣心 京都大火編』(公開中)。驚愕のラストで幕を閉じたが、いよいよ9月13日(土)からシリーズ最終章となる『るろうに剣心 伝説の最期編』が公開となる。佐藤健と武井咲にインタビューし、怒濤の前・後編を演じ切った感想。そして、剣心の強さの秘密について聞いた。

剣心(佐藤)の宿命の敵・志々雄(藤原竜也)との壮絶な戦いを軸に、激動の時代を生きた者たちの思いをかつてないスケールとアクションで描く本作。クランクアップの日のことを、佐藤は「『終わった』という実感は、すごくありましたね。撮影が終わった日のことは、よく覚えています」と振り返る。見たことのないような、限界を超えたアクションに挑戦したが、それだけに常に危険性が伴う現場でもあった。「最後まで撮り切ることができない可能性が、大いにあると思ってやっていたので。撮り切れた時点で奇跡というか。本当に嬉しかった」。剣心を演じるには、「役者生命をかけて」という並々ならぬ本気度だった。

前編のクライマックスでは、剣心を思い続けるヒロイン・薫(武井)にもとんでもない試練が待ち受けていたが、武井は「大友組にいると絶対的な自信が出てくるんです」と真っ直ぐな瞳を見せる。「それはきっと、現場に嘘がなくて、一人一人が死ぬ気でこの作品を作っているから。無茶なことばかりやっていたので、大友(啓史)監督はサプライズ好きな人だなと思って」と笑うが、「一人も欠けてはいけない、欠けられない現場。誰かが引っ張ってくれるのではなく、自分からしがみついていかないといけない現場なので、大友組の中にいると日々、戦いですね」と、現場のエネルギーが自分の自信に変わっていくことを実感したという。

「今回の剣心は、いくら薫が『剣心!』って呼んでも、ピクリとも反応してくれない」と武井。佐藤も「既読無視だよね」、武井が「そうそう、既読スルー!」と2人で笑い合う。この“あうん”の呼吸もシリーズを経て育まれたものだが、離れていながらお互いの存在が力となっている剣心と薫の関係性をどのように感じたのだろうか?

佐藤は、剣心の強さの秘密も、薫の存在があるからこそだという。「前作では2人の出会いを描いていて、今回はより深いところから始まって。今回は、志々雄や宗次郎といった自分より強い敵が現れて、それは今のままの剣心では勝てない相手なんですね。わかりやすく言うと、“ニュー剣心”になる必要があった。それは薫や仲間たちのことが剣心の核にあって、大切なことに気づかせてもらって、強くなれたんです」。

守りたい人がいること。そして、その人のために「生きたい」と思うこと。それこそが剣心の強さの秘密だった。佐藤は「特に『伝説の最期編』では、芝居をしている時にも常に、薫や仲間たちのことが、頭、そして心にありました。志々雄と戦っている時は、心の中に『薫や仲間がいる』ということをセリフやフラッシュバックとして入れてもいいくらいだと思っていました。大友監督とも話して実際にはやらなかったんですが、それくらい心の中にありました」と力を込める。

一方の武井も、薫が強くなれたのは剣心への愛があったからこそと話す。「薫は前作からとても変化をしていて。『京都大火編』では、生と死をかけた戦いに長刀で行ってしまうという。怖いもの知らずみたいなところがあるんですよね。それでも必死に戦うというのは、剣心への思いがあったから。大友監督からも、『剣心と薫は離れているけれど、必死に戦えば戦うほど、それはラブシーンになるんだ』と言われて。確かに、そうだなと思うんです」。そんな薫を見て、彼女自身も感じることが多かったようで、「あれくらいピュアなままでいたいですね。人を思った時のシンプルな行動やタフさって、すごく大事だなと思います」とニッコリ。

アクションももちろん見応えたっぷりだが、戦う意味、そして戦いの先に見えるものは、いつの世も変わらぬ大切な人を思う“愛”。未知なるものへチャレンジし、壮大な感動作を生み出した佐藤健と武井咲。2人からは、充実感いっぱいのさわやかな笑顔があふれていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報