佐藤健と武井咲にとって、剣心と薫はどんな存在?福山雅治との共演秘話も明かす!

佐藤健と武井咲にインタビュー!剣心と薫は、自分にとってどんな存在?
  • 佐藤健と武井咲にインタビュー!剣心と薫は、自分にとってどんな存在?

異例の大ヒットを記録している『るろうに剣心 京都大火編』(公開中)。壮絶なアクション、役者陣の熱演など、「どこまで高みを目指せるのか」という気概に驚いた人も多いことだろう。そしてクライマックスには、展開、キャスティングにも大きなサプライズがあった。剣心の師匠、比古清十郎役・福山雅治の登場だ。そこで、佐藤健と武井咲を直撃。『るろうに剣心 伝説の最期編』(9月13日公開)を前に、清十郎とのシーンの印象。そして、大切な役となった剣心と薫への思いについて語ってもらった。

剣心役の佐藤は「伝説を作りたい」とはっきりと口にしていた。並々ならぬ手応えを感じているが、佐藤にとって、剣心は自分を高みへと引き上げてくれる存在のようだ。「前作を踏まえて、まだまだだなと反省点がものすごくあったんです。特にアクションに関しては、前回で言えば一番の大技となるようなものが、今回は普通にできていないといけない。あとは、これをどこまで高められるかという思いでした」。

剣心を思い続けるヒロイン・薫役の武井は、「これは見たら驚くんじゃないかというような、無茶なことばかりやっていました。大友さんはサプライズ好きな人だなと思って」とニッコリ。壮絶な展開の連続に、「台本をもらった時には、『これ、本当にできるんだろうか』と思って、映像にしたらどうなるのかが、まったく想像できなかったです。前回でも、みんなあれだけものすごいエネルギーを使っていたのに、それ以上のことをやって大丈夫なのかなと思って」と、激しい死闘を繰り広げるメンバーを思い、心配にもなったとか。それだけに「無事に撮り終えた時は、心から『お疲れ様でした』という気持ちになりました」と、安堵の表情を見せる。

剣心に変化をもたらす最大のキーパーソン、比古清十郎役として福山雅治が登場する。佐藤は、清十郎との対峙に「新鮮な気持ちになった」と明かす。「清十郎は剣心の過去を全部知っている人で、やっぱり剣心には、師匠にしか見せない部分があったんです。それは意識していたことではないんですが、清十郎とのシーンをやってみて感じたこと。師匠にしか見せない顔、師匠にしか言わない言葉があった。長い間、剣心を演じてきたけれど、こんな気持ちは初めてだなと思ったんです」。

それが顕著に表れたのが、「福山さん演じる清十郎と2人で語り合うシーン」とのことで、「ものすごく見てほしいシーンで、僕自身、大好きなシーンになりました」と熱がこもる。『伝説の最期編』はオリジナル色が強いものとなったが、「大友監督も言っていましたが、『伝説の最期編』は映画『るろうに剣心』が、原作から自立する映画なんです。なので、台本の段階で何回も打ち合わせをして、台本が出来上がってからも、『このセリフで良いのか』と考えながら進めていったんです」と告白。

剣心と清十郎が語り合うシーンも、「実際に福山さんと対面してみて、『ここでこういうことを言いたいな』『こういうセリフだな』と作っていくやり方でした」とのこと。「もちろん、原作の良いセリフは使っているけれど、原作にない会話や剣心のセリフが自然に出てきて。それは、すごくうまくいっていると思います」と自信をのぞかせる。ある種、即興的なシーンも「福山さんは受け止めてくれる方。すごく信頼できて、僕は自由にやらせてもらうことができました」と清十郎と重なるような、福山の懐の深さに感謝しきりだ。

剣心と薫は、2人にとって長く演じる役となったが、シリーズ最終章を経て、どんな存在として心の中に残っているのだろうか?佐藤は「大好きな役ですし、もう演じることがないんだろうなと思うとさみしい気分」と心境を吐露。「でも撮っている時に、やり残すことのないようにやりました。今でも、自分の中に剣心がいると思っているし、これからの生き方にも影響はあると思います」。続けて、「剣心は、自分の中に住んでいる友達みたいな感じで。憧れるし、カッコイイんだけど、不器用だし、すごく傷を負っている人で。愛おしい、放っておけない存在ですね」と、ありったけの愛情を込めて演じてきたことがひしひしと伝わってくる。

一方の武井も、愛情たっぷりにこう語ってくれた。「薫は、ピュアな部分や、素直な部分。自分の思いをきちんとエネルギーに代えられる部分など、本当にいろいろな感情を持っている子でした。私にはなかった感情を教えてもらったこともたくさんあったので、それはずっと私の心の中に残っていくものです。もう演じることがないのかもしれませんが、私は、薫から離れるとか、さみしいという気もしていないんです。私の心の中で生きていますから」。

死に物狂いの現場で運命的とも思える大役を演じ切り、役者としても大きく羽ばたいた2人。剣心と薫を胸に、力強く歩き続けていくのだろう。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報