再生回数1億回超え!世界中の女性を虜にしたラブストーリーが見たい!!

一体どんなラブストーリーが展開されるのだろうか
  • 一体どんなラブストーリーが展開されるのだろうか

世界50か国以上で翻訳され、累計1億部(電子書籍を含む)を超える大ベストセラー小説「Fifty Shades of Grey」。先日、日本公開の決定が伝えられたが、今回、邦題が『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』に決まり、公開日は日米同時の2015年2月13日(金)となった。また、初の映像素材となるティザー予告とビジュアル画像もついに日本で解禁!

本映像は、海外でアップされるやいなや凄まじいいきおいで再生され、2014年Youtubeにて映画予告編再生回数1位を獲得。『GODZILLA ゴジラ』(14)や『トランスフォーマー ロストエイジ』(14)などの予告再生回数を抜き、総再生回数1億回を突破している。

ビヨンセの「Crazy In Love」が使用され、セクシーな歌声によって妖艶さを増した仕上がりとなっているティザー予告。あわせて解禁となった画像は、今までベールに包まれていたグレイの後ろ姿とは一変、美しくも儚さが漂うアナとどこか陰の漂うグレイの姿が写っている。ふたりの間にどのような関係が生まれ、ラブストーリーが展開されるのか想像を掻き立てるビジュアルだ。

ストーリーは巨大企業の若き起業家にしてCEO、女性ならば誰もが憧れる超絶イケメン大富豪の“Mr.グレイ”と、それまで恋の経験がなかった女子大生“アナ”との特異な恋愛模様を描く。本作は、イギリスの一般女性がネットに投稿した小説がはじまりだという。この甘く危険な物語に各国の女性が熱狂し、社会現象を巻き起こしている。

監督は、ビートルズ結成前のジョン・レノンの多感な日々を描いた『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』(09)の女性監督サム・テイラー=ジョンソン。グレイ役には、ファッションモデルとして活躍し、ソフィア・コッポラ監督作『マリー・アントワネット』(06)のフェルゼン役で映画デビューを果たした若手俳優ジェイミー・ドーナン、アナ役をドン・ジョンソンとメラニー・グリフィスの娘であるダコタ・ジョンソンが演じる。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報