オリジナルアニメ『楽園追放』がベールを脱いだ!釘宮理恵、最速上映会で感激の涙

『楽園追放』が遂にベールを脱いだ!
  • 『楽園追放』が遂にベールを脱いだ!

SFアニメ『楽園追放 Expelled from Paradise』(11月15日公開)の最速上映となるゼロ号試写会が9月11日に新宿バルト9で開催され、声優の釘宮理恵、三木眞一郎、神谷浩史、主題歌を担当するELISA、脚本の虚淵玄、水島精二監督が登壇。作品と密接な関係にあるという主題歌をELISAが生披露すると、釘宮が「素敵すぎて、涙が出た」と感激の涙を流した。

「魔法少女まどか☆マギカ」の虚淵玄(ニトロプラス)、「機動戦士ガンダムOO」の水島精二監督にとって、初のオリジナル劇場作となる本作。水島監督は「虚淵くんと組めるのは、すごく楽しみだった。3Dの新しい表現を含めてできたことは幸せ」と念願のタッグに大満足の様子。虚淵は「俺だって人が死なない作品が書けるんだよ!この言葉が言えて感無量です!」と声を上げ、会場の笑いを誘っていた。

アンジェラ・バルザックの声を演じる釘宮は「最初のシーンは、アンジェラの精神年齢が高いという設定。大人の成熟した女性ですが、私はあまりそうではないので。大変かなと思いました」と照れ笑い。「大人の心を持っているけれど、外見は少女というのが、不思議な感覚。四苦八苦しながらの収録でした」と苦労を明かしていた。

ディンゴ役の三木は「ディンゴは初めて脚本を読ませていただいた時から、大好きでした。マイク前に立てて本当に嬉しく思っております」としみじみ。フロンティアセッター役の神谷は「虚淵さんとはお仕事をさせていただいたことがなかったので、是非やってみたいと思った」と思いを明かし、「ただ虚淵さんの作品は、セリフが難しいので」と虚淵の方をチラリ。難解なセリフの多い役柄となったようだが、「シナリオがびっくりするくらい面白かった」と興奮気味に語っていた。

3人のメインキャラクター、それぞれに感情移入できる作品となっているようで、神谷は「誰かの視点で見たとしたら、次は別な視点で見ると全然違う答えが導き出されると思う。最低3回は楽しめます」とアピール。釘宮、三木も「何度も楽しめる映画」と同調し、会場を大いに盛り上げた。

最後には虚淵が、「企画書を提出してから完成に至るまでは5年かかった。最初の企画書を出した段階では『まどか☆マギカ』が影も形もなかった。やっとここにたどり着けたことが、本当に幸せ」と熱い胸の内を吐露。会場から大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報