一流クリエイターがアニメ化した『星の王子さま』の映像が公開!

2015年冬の公開が待ち遠しい!
  • 2015年冬の公開が待ち遠しい!

世界中で愛される名作小説「星の王子さま」が『リトルプリンス 星の王子さまと私』というタイトルで2015年冬に日本で公開される。

270以上の言語に翻訳され、全世界で1億4500万部以上を売り上げている不朽の名作が、『カンフー・パンダ』(08)のマーク・オズボーン監督による演出で初めてアニメーション映画化。今回、日本のために特別に作られたという特報映像も公開された。

「親愛なる王子さま、あまたは今、どこにいて、何をしているのですか?会いたいです」と続くナレーションの後、初公開となる“星の王子さま”の姿。薔薇をかたわらに寝そべる星の王子さまは、太陽が昇る瞬間を見つめている。さらに、望遠鏡で星空を眺める母娘の姿も登場し、これから始まるファンタジックな物語への期待が高まる。

このプロジェクトのために、マーク・オズボーン監督をはじめ、世界中から一流クリエイターが結集。キャラクターデザインはピーター・デ・セヴ(『アイス・エイジ』『ファインディング・ニモ』)、美術はルー・ロマーノ(『Mr.インクレディブル』『モンスターズ・インク』)、アニメーション監修はジェイソン・ブース(『レミーのおいしいレストラン』『カールじいさんの空飛ぶ家』)、キャラクター監修は四角英孝(『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』)など豪華メンバーがそろった。世界一流のクリエイターたちが創り出す“星の王子さま”は一体どんな作品になるのだろうか?続報を待ちたい。【Movie Walker】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報