杉本彩、肉食女子の本性がポロリ「私は猛獣系」

「ペット長寿国プロジェクト」の特別広報大使に任命された杉本彩(左)と寺門ジモン
  • 「ペット長寿国プロジェクト」の特別広報大使に任命された杉本彩(左)と寺門ジモン

「ペット長寿国プロジェクト」の発足記者会見が11日、都内で行われ、杉本彩と寺門ジモンが特別広報大使に任命された。

寺門は、「独身なので、家に帰った時に(ペットが)いるのが、なんだかあったかい。ペットには僕しかいないんですよ!」と2匹の愛犬への気持ちを熱弁。「クワガタを大量に飼っていたときは噛むだけで辛かったけど、犬は愛情を返してくれるんです!」とペット愛を前面に出すも、「だから、いまだに独身なのか…」と自分自身にツッコミを入れ、笑いを取っていた。

一方の杉本は自ら立ち上げた団体、一般財団法人動物環境・福祉協会Evaの代表として活動するほか、実際に犬3匹、猫9匹を飼うほどの動物好き。特別広報大使に任命され、「こういう形でペットの幸せを考えられるのは嬉しいし、光栄です」と笑顔を浮かべた。また、「犬に最高の環境で散歩させてあげたくて、45才で車の免許とりました」とペット最優先の生活も披露。「遊びに行こうって気にならないんです」と、仕事以外の時間はすべてペットに費やしている溺愛ぶりだった。

また、自身を動物に例えるなら、犬派?猫派?という質問に、「猫ですね。野生の中にいるトラに近い猫です(笑)。猛獣系です」と杉本はさすがの回答。つい、肉食女子の本性が出てしまったようだ。

「ダチョウ倶楽部のメンバーより大事」(寺門)、「旦那さんより、ペットに労力をかけてます」(杉本)と、2人にとってペットは家族であり、生きるエネルギーとなっている欠かせない存在のようだ。「1日でも長生きしてほしい」(寺門)と、ペットが長生きするための食事や定期予防について、2人とも聞き入っていた。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報