AKB48木崎ゆりあの名古屋弁がラブリー!ワンダ新CMに注目

木崎ゆりあは名古屋弁で「おはよう。でら応援しとるでね!」と挨拶
  • 木崎ゆりあは名古屋弁で「おはよう。でら応援しとるでね!」と挨拶

アサヒ飲料は、「ワンダ モーニングショット」の新CMを、9月13日(土)より全国でオンエア開始。AKB48のチーム4副キャプテンを務める、愛知県出身の木崎ゆりあがかわいい名古屋弁を披露しているので要チェックだ!

新CM「おはよう」編のCMキャラクターを務めるのはAKB48の渡辺麻友、横山由依、柏木由紀、木崎ゆりあ、そして47都道府県の出身者が所属するチーム8のメンバーら。各出身地のランドマークを背景に、ターゲット層のサラリーマンに対し、メンバーがエールを送るという内容だ。

まず、東京スカイツリーを背景に登場する渡辺麻友が、標準語で「おはよう。すごい応援しているよ!」と挨拶。続いて、横山由依が京都弁で「おはようさん。ほんま応援しているわ!」、木崎ゆりあが名古屋弁で「おはよう。でら応援しとるでね!」、柏木由紀が鹿児島弁で「おはようごあす。わっぜ応援しちょっど!」と投げかけ、最後は、メンバー4名とチーム8メンバーの総勢51名が登場する。

なお、ワンダブランドサイトとアサヒグループ公式チャンネルでは、チーム8が全47都道府県の言葉で呼びかける計6つのエリアバージョンも展開する。「北海道・東北」バージョン、「関東・甲信越」バージョン、「中部・北陸」バージョン、「関西」バージョン、「中国・四国」バージョン、「九州・沖縄」バージョンが公開されるのでこちらも見逃さないで!【東京ウォーカー】

キーワード

[PR] おすすめ情報