ゴーカイジャーで人気を博した小澤亮太。ヒーローとはギャップのあり過ぎる姿を披露!

常にNo.1の機嫌を損ねないように気を遣うアキラ(『アキラNo.2』)
  • 常にNo.1の機嫌を損ねないように気を遣うアキラ(『アキラNo.2』)

スーパー戦隊シリーズ35作目となる記念作品「海賊戦隊ゴーカイジャー」でチームのリーダーであるゴーカイレッド役で衝撃的なデビューを果たし、以来、テレビや映画などで活躍中の小澤亮太。9月に彼の主演作が2本立て続けに公開となるのだが、ゴーカイジャーでのクールなヒーロー像とは違った一面を発揮している。

まず、“超恋愛至上主義”のヒロイン・桃子の恋模様を描くファンタジー『さまよう小指』(9月14日公開)ではヒロインの初恋の相手・涼介に。極道の女を寝取ってしまったために小指を詰めさせられてしまうのだが、桃子は涼介が好きすぎて、その小指から涼介のクローンを作ってしまったことから、おかしな出来事に巻き込まれていく。一人二役という難役をコミカルに演じ、なんと全裸シーンまで披露!

そして、人気コミックを映画化した異色ヤンキーアクション『アキラNo.2』(9月27日公開)では番長の座を狙う“No.2”の主人公アキラに。とてつもなく強い現・番長のツトムを引き立てつつ、その地位を狙う猛者の相手もしないといけないという中間管理職的な役回り。オシャレでイケメンなのに、ツトムのために毎朝おにぎりを作ったり、ストレスを感じないように気を配るようなマメな男で、しかも料理に加え裁縫も得意という女子力の高さがウリというのもユニークだ。

この2作以外にも、10月にはアニメにもなった人気ゲームを初めて舞台化した「ダンガンロンパ THE STAGE 希望の学園と絶望の高校生」への出演なども控えており、今後の注目が期待される。なお、9月22日(月)の『さまよう小指』の上映終了後には小澤と両作品の監督を招いてのトークイベントの開催が決定。スクリーンでは見られなかった意外な一面が見られたりマル秘エピソードも聞けるかも?【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報