『るろうに剣心 伝説の最期編』いよいよ公開!佐藤健は「これで最後かと思うとさみしい」と感無量

いよいよ『るろうに剣心 伝説の最期編』が公開!佐藤健も感無量!
  • いよいよ『るろうに剣心 伝説の最期編』が公開!佐藤健も感無量!

和月伸宏の人気漫画を実写化したシリーズ完結編『るろうに剣心 伝説の最期編』の初日舞台挨拶が9月13日に丸の内ピカデリーで開催され、佐藤健、武井咲、伊勢谷友介、青木崇高、神木隆之介、江口洋介、藤原竜也、大友啓史監督が登壇。剣心を演じた佐藤が、「一生の中で、出会えるか出会えないかの作品」と本作への強い思いを吐露し、会場から万雷の拍手を浴びた。

剣心と宿敵・志々雄との死闘を2部作で描く後編となる本作。前編『るろうに剣心 京都大火編』はすでに興行収入46億円を突破し、今年公開された実写邦画のナンバーワンを記録している。これまでプロモーションにも奔走してきた佐藤は「これで最後かと思うと、さみしいし、感慨深い気持ち」と初日舞台挨拶を迎えてしみじみ。「こんなに幸せな現場はなかった。最高の環境を用意していただいて幸せ」と監督をはじめ、スタッフ、共演者陣に感謝しきり。「テーマは『限界を超えること』でした」と、熱い現場を振り返った。

志々雄役の藤原は、「健くん、伊勢谷さん、崇くん、江口さんに囲まれて。その時は、『面倒くさっ!』と思った」と、4人に襲いかかられる激しい戦闘のシーンを述懐。壮絶なシーンに仕上がったが、「みんな強かった。『もう、殺してくれ』と何度、刀を投げだしそうになったことか」とこぼして、会場の笑いを誘っていた。

瀬田宗次郎役として、続編からの参加になった神木は「宗次郎として『るろうに剣心』に関わることが、もうないのかと思うと、すごくさみしい。でもすべて出し切ったので、悔いはないです」とニッコリ。それぞれに充実感あふれる表情を見せる中、実力派陣をまとめあげた大友監督は「自分でも誇れる作品になった」と胸を張り、最後には改めて座長の佐藤が「これは2つでひとつの映画。4時間半の超大作です。本当の意味では、今日が初日です。スタッフ、キャストの努力の結晶を伝説として残せたら」とアピール。会場を大いに盛り上げた。

またこの日は、本作の“るろう人を探せ!”全国横断キャンペーンで47都道府県を巡った、“リアルるろう人”こと長尾卓也が劇場に到着。会場一体となって、ゴールをお祝いした。佐藤は「ヒットは、あなたのおかげです」と長尾の労をねぎらい、長尾も「全国をまわってみて、本当に愛されている作品だと実感した」と感無量の面持ち。晴れやかな笑顔あふれる舞台挨拶で、初日の幕を開いた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報