市川由衣、全裸ラブシーンの相手役・池松壮亮に「見せられないものはない」と全幅の信頼

市川由衣、女優15年目の覚悟の作品が公開!
  • 市川由衣、女優15年目の覚悟の作品が公開!

中沢けいの群像新人賞受賞小説を映画化した『海を感じる時』の初日舞台挨拶が9月13日にテアトル新宿で開催され、市川由衣、池松壮亮、安藤尋監督が登壇。オールヌードでの濃厚ラブシーンに挑んだ市川は、「私自身、覚悟を決めて挑んだ作品。初日を迎えられて本当に幸せ」と満席の観客を前に感無量の思いを語った。

本作は、愛を知らない少女が一人の男と出会い“女”へと目覚めていく姿を精緻な描写で描く人間ドラマ。市川はこの日、背中の大胆に開いた白のドレス姿で登場。ラブシーンの相手を演じた池松も「あまり見れないです。すいません」と汗をかいて会場の笑いを誘っていたが、現場では、撮影初日が裸での激しいラブシーンだったとか。市川は「『初めまして。市川です。よろしくお願いします』といって、その次には裸になっていた。池松さんには見せられないものはない。むき出しでやっていました」と池松に全幅の信頼を寄せていた。

クランクインの2週間前にインフルエンザにかかっていたことも明かした市川。「裸だし、池松さんは移らないかヒヤヒヤしたと思う」とコメント。池松が「あの時、一番細かったですもんね。すごく格好良くて、好きです」と話すと、市川は「ただ単にげっそりしていただけです」と照れ笑い。息の合ったやりとりで、会場の笑いを誘っていた。

また、演じた恵美子役について市川は「脚本を読んだ時には、イタい女だなと思ったんですが、演じていくうちにピュアさや真っ直ぐさに惹かれていった」と愛情たっぷりにコメント。池松も「台本を読んだ時、こんな役を誰が引き受けるんだろうと思った。市川さんが作品に捧げようとしているのが見えて、一緒にやっていて幸せでした」と市川の女優魂に感服しきりだった。

一方、池松が演じる洋役については「脚本を読んだ時には、本当に嫌なヤツだなとしか思えなかった」と市川。「池松さんが演じているのを見て、一緒にいる中で魅力を感じた。恵美子が洋を好きになった理由を見つけることができた。(演じられたのは)池松さんのおかげ」と感謝でいっぱいの様子。“嫌なヤツ”とも思える男を演じた池松は「よっぽど自分より心がキレイ。正直だし、浮気もしないし、プレイボーイでもない。すごく好きです」と役柄への思いを語り、「個人的に大好きな作品になった」と充実感を口にしていた。

最後には市川が、改めて「女優を始めて15年目。自分自身、大好きな作品、役柄に出会えてやってきて良かった。今日は本当に幸せです」と輝くような笑顔を見せ、舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報