「俺のダンディズム」滝藤賢一が“振り切れ”演技の極意を語る!(後編)

「俺のダンディズム」で主人公・段田を演じた滝藤賢一。公開中の映画「るろうに剣心 伝説の最期編」では敵役・佐渡島方治を熱演
  • 「俺のダンディズム」で主人公・段田を演じた滝藤賢一。公開中の映画「るろうに剣心 伝説の最期編」では敵役・佐渡島方治を熱演

ことし4~7月にテレビ東京系で放送された滝藤賢一主演のドラマ「俺のダンディズム」のDVD-BOXが9月17日よりリリースされる。

「俺のダンディズム」はさえない会社員・段田一郎(滝藤賢一)が、お気に入りの部下・宮本南(石橋杏奈)の「ダンディーな男が好き」という言葉に一念発起し“ダンディー”とはなにかを追い求める姿を描くコメディ。

DVD-BOXの発売を記念した滝藤へのインタビュー後編は、段田の“振り切れた”演技に隠された俳優・滝藤賢一の演技論に迫った。

□仲代達矢さんからの教え

――現場では森口(瑤子。美幸役)さんを始め、他のキャストさんとはどんなお話を?

 あんまり芝居の話はしてなかったですね。雑談というか。森口さんはあれだけのセリフ量なのに、僕のめちゃくちゃな芝居にアドリブでリアクションしてくれるので頼りきっていました。アドリブを完全に無視されるときもありましたけど(笑)。

――あと、段田の動きっていうのは紹介するダンディーアイテムに対して向けられたものでしたが、人じゃなくダンディーアイテムという「モノ」に対して演技するっていうのはどんな感覚だったんでしょうか?

 相手は何にもやってこないですからね(笑)。どうしたらアイテムをよりインパクトがあって、より魅力的に紹介できるだろう、そんなことばっかり思いながらアイテムと向き合って演技していたように思います。

――そういう意味でいっても、段田は他になかなかない役ですね。

 振りの付け方は難しかったなあ。心の声についても、振りが先にきたほうがいいのか、声があってから振りをしたほうがいいのかっていうのは最後まで悩んでいました。

――あと段田が面白かったのは、徐々に気持ちが高ぶっていく感じにならずに、突然感情が爆発するところだと思うんです。感情のメリハリがすごいというか。

 それは僕が段田には切り替えの「間」がいらないって考えていたからと思う。1から10まで一気に振り切ることも人間の面白さだと思うんですよ。

――なるほど。

 それまでの2~9までの経過っていうのは必要な時と必要じゃない時があると思うんです。ケースバイケースですが、僕は2~9の部分を無視して沸点に達することも多いですから。

――たしかに滝藤さんの他の出演作でも思い当たる役はあります。

 それがメリハリってことなのかな…そうですね、人ってたいてい徐々に変わっていくけど、僕はそれがないんだね(笑)。

――ははは。

 それはたぶん「今そのシーンを生きる」ってことしか考えてないっていうことがあるんじゃないかと思います。僕は仲代達矢さんの「気持ちなんてどうてもいいんだよ!」という教えで育っているので。

――仲代さんが主宰されている「無名塾」に所属されていたときからの教え。

 そう。仲代さんも「なんで気持ちで芝居できないんだ!」って言われるときもあるんですけど、稽古のときにはよく「君の気持ちなんてどうでもいいんだよ!」という言葉をよく聞いていて。だから徐々に変わっていくところは無視できるんです。「こういう気持ちの伏線がないから、このセリフは言えないはずです」とかは僕にはないんですよ。おかしなセリフだなと思ってもとりあえず言ってみよう、とりあえず動いてみようと(笑)。

――その考えはダンディーアイテムに過剰に一喜一憂する、段田の演技そのものを言葉にしていると思います。

 だけど最終的には気持ちだったりするし、結局のところは両方必要だと思う。「俺のダンディズム」では、主演という立場で好きなようにやらせて頂いていたから、自分の芝居をすごく楽に出せていたんだと思います。

――段田の振り切れっぷりはまさに「ここまで振り切れていいのか」という芝居でした。

 いやあ、もっと振り切ることができていたかもしれないですよ(笑)。

――あれ以上振りきれると放送できるかどうか不安になります(笑)。では最後に「俺のダンディズム」を演じてみて感じた、滝藤さんなりのダンディーとはなんですか?

 なんだろう…とりあえず、ダンディーになるのは簡単な道じゃないと思いました。だから「俺のダンディズム」を観てもすぐにダンディーにはなれないとは思います。

――ダンディーは一日にしてならず。

 重要なのは、「最後に選択するのは自分」ってことだと思います。いろいろな選択肢があるなかで、最終的には自分で決めていかくちゃいけない。「俺のダンディズム」は、選択することに悩んでいる人の参考になればいいなって思いますね。

「俺のダンディズム」のDVD-BOXでは、特典としてメイキングVTRなども収録予定。滝藤の演技へのこだわりをかいま見ることができる。

DVD-BOX「俺のダンディズム」
発売中
価格:11400円(税別)
収録映像:本編全12話収録+映像特典
映像特典:ダンディな密着メイキングVTR
滝藤賢一×MEN'S EX編集長のダンディズムトークショー(司会:テレビ東京アナウンサー大橋未歩)
滝藤賢一がダンディズム検定に挑戦!満点獲得なるか!?
ジローラモの「ダンディズム講座」ディレクターズカット版(第1話~12話)
ジローラモの「ダンディズム講座」DVD限定特別編(ダンディなトイレの済ませかた)
販売元:ポニーキャニオン

【HP】
http://www.tv-tokyo.co.jp/dandyism/

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報