坂上忍、恋人に見切りをつけられそう!?「『猿の惑星』を見て、愛を育みたい」

坂上忍、愛犬・森田パグゾウと『猿の惑星』ごっこ
  • 坂上忍、愛犬・森田パグゾウと『猿の惑星』ごっこ

人気SFシリーズ『猿の惑星』の前日譚を描いた『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(9月19日公開)。本作を大絶賛する坂上忍が、9月16日に六本木のニコファーレで行われたトークイベントに登場。「泣くつもりはなかったけど、動物には相当弱い。恥ずかしながら、ちょっとほろっときてしまいました」と感想を語った。また、愛犬のパグ・森田パグゾウも登場し、ポスタービジュアルと同じポーズを取ってのフォトセッションも行った。

人気SFシリーズ『猿の惑星』のエピソード0的ストーリーを描いた本作。まずは「子役」という共通点について「僕も子役上がり。子供の頃はそこそこ素晴らしい演技をしてましたが、大人になると『大丈夫か?』と…」と苦笑い。また、モーションキャプチャーで猿のシーザー役を務めたアンディ・サーキスについて「素晴らしい。成り切り感がすごい」と称えた。

また、もしもハリウッドからオファーが来たら?という質問には「無理です。呼ばれるのは光栄ですが、ワンちゃん7匹飼っているから、海外はきついです」と、まさかのノー!MCから是非と言われると「まあ、呼ばれたら。猿役に挑戦します」と消極的にOKを出した。

続いて「家族愛」については「僕も7匹の息子がいます」と愛犬についての愛をアピール。「前までは、力づくでこっちに引き寄せようとしていたけど、それが全く通用しない子もいる。自分で行かないとダメ」と悟ったとか。さらに「指導者」については、キッズアクターズスクール「アヴァンセ」 を総合プロデュースしている坂上は、猿のシーザーに深く共感したようで「孤独。耐えてまとめなきゃいけない」と胸の内を告白。

囲みの会見では、現在交際中の恋人についても言及。「今は見切りをつけられても、おかしくない状態。首の皮一枚、ギリです。会っていますが、頻繁には会えない。もうちょっとプライベートな時間の使い方を考えないと。大人の時間を作らないとね。『猿の惑星:新世紀』を見て、愛を育まないといけない。この映画を見て、やさしい心を取り戻さないと」と真摯な表情で語った。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報