関根勤、初監督映画に「お客を選ぶくだらない映画」と自信満々!?

映画「騒音 THE FIVE OYAJI」の関根勤監督、出演者の温水洋一、村松利史(写真右から)
  • 映画「騒音 THE FIVE OYAJI」の関根勤監督、出演者の温水洋一、村松利史(写真右から)

関根勤の初監督作「騒音 THE FIVE OYAJI」が、東京・上野の不忍池水上音楽堂で行われた「第7回したまちコメディ映画祭in台東」でワールドプレミア上映され、上映前には関根と出演者の温水洋一らがトークショーも行った。

本作はさえない中年オヤジが人類に襲いかかる地底人と戦うストーリーで、関根も「くだらない映画です(笑)。真面目な日本映画界に一石を投じようと思ったら尿管結石くらい小さな一石になってしまいました」と、登場から会場の笑いを誘った。

当初は「映画はきちっと勉強した人が作るもので、僕は素人だから作る気はなかったんです。でも日本映画って真面目だよな、僕ならもっとばかばかしいのを作るのに、と思っていました」と複雑だった胸中を明かした。

そこへ、CS放送のチャンネルNECOの「映画ちゃん」という番組で、1年間映画の勉強をして最終的には映画を撮るという企画が持ち上がった。「お金も集まらないだろうし、1年間の長いコントのつもりで気楽にやっていました。ポシャるなと思っていたんですが、うち(浅井企画)の社長が『俺が(お金を)出す!』と言ってくれて」、そこから映画製作が決定した。

地底人と戦うオヤジのキャスティングについて関根は「どうしても温水さんを主役でやりたい! そして準主役は村松利史さん、酒井敏也さんで」と決めていたと言う。撮影中も常に思った以上のことをやってくれる3人に大満足のあまり「監督としてはあるまじき行為なんですが、(撮影中)モニターを見ながら大笑いしてしまったことも」と関根が反省の弁を述べると、その様子を見ていたという温水は「関根監督が笑っていたから大丈夫」と安心したとか。

ワンテイクが多く撮影がスムーズだったので撮影終了後、ご飯に行くなどして皆仲良くなったと言う温水に対し、関根は「村松さんと酒井さんはちょっと仲悪かったです(笑)。村松さんが何か言うと酒井さんがすぐ『あんなオヤジ死ねばいいのに』って言って」と、ちゃかす一幕もあったが、「この3人が初共演ということが一番うれしかったし、そこがこの映画のウリ。実力と哀愁のある人を主役にしたかったんです」と個性派俳優3人の初共演を誰よりも喜んでいたことを告白した。

そこへ、観客として会場に来ていた村松も登壇し「仲悪くないですから!(笑)」と弁解。関根の撮影スタイルについて「他の現場なら『もっと普通に』と言われるところも関根さんからは『もっとやってください』と言われて不安になっていました(笑)」と撮影時の思いを吐露した。本作には明石家さんま、タモリ、千葉真一ら豪華ゲストが多数出演。関根も「さんまさんとタモリさんの共演は(1990年の)『丹波哲郎の大霊界2 死んだらおどろいた!!』以来。丹波哲郎さんとキャスティング力で並びましたね」と自信をのぞかせた。

また、100作以上の名作映画やドラマのオマージュが盛り込まれていることを解説し、「悪魔の毒々モンスター」「生きる」「フルメタル・ジャケット」「イングロリアス・バスターズ」「キル・ビルVol.1」「サボテン・ブラザーズ」「CSI:科学捜査班」シリーズなどの作品名を挙げた。中でも「生きる」は「事務所の先輩の車だん吉さんが、(「生きる」主演の)志村喬さんに似ていると昔っから思っていたので、志村喬さん役で出てくださいと懇願したんです」と長年の思いがあったという。

最後に、映画の感想と見どころを聞くと、村松は「台本は面白かったんですが1本の映画として大丈夫かなって思っていました。見終わったときにちょっといい映画のように感じたんですが、よくよく考えたらそんな映画じゃないです(笑)。無理に笑ってくれなくていいですよ!」とけん制。温水も「実際に見るまでワクワク感と不安感がありました。ストーリーは“くだらない”のオンパレードですが、“こんなところにこんな人が出てる!”と探す楽しさも。実は奥さんも一緒に見てゲラゲラ大笑いしてくれたんですけど、あるシーンでは『最低』って言っていた」と打ち明けた。それを受け関根は「どうか皆さん見に来てください、とは言えない映画です(笑)。公開は来年ですが、大作映画が公開されるゴールデンウイーク前にしたいです」と弱気なコメントをしつつも、「僕の表の部分だけ見ていた人には申し訳ないですが、裏側にはこういうドロドロしたくだらない部分もあるんです。万人受けしないことは承知で作りました。人を選ぶ映画なので退席自由です(笑)」と強気に“退席OK”宣言をし、爆笑で締めくくった。

関根らは観客と共に会場で映画を鑑賞、上映終了後には観客全員が、スタンディングオベーションで喝采を贈った。同イベントの模様はチャンネルNECO「映画ちゃん」で10月19日(日)昼5時から放送される。

映画「騒音 THE FIVE OYAJI」
2015年公開予定
監督=関根勤
出演=温水洋一、村松利史、酒井敏也ほか

「映画ちゃん」#108(したコメ密着回)
10月19日(日)昼5:00-5:30ほか
CS放送 チャンネルNECOにて放送

キーワード

[PR] おすすめ情報