『猿の惑星』は5部作になる!?シリーズのキーマン、アンディ・サーキスのインタビュー映像を先行公開!

違和感なく銃を使いこなす猿たちが異様にカッコいい!
  • 違和感なく銃を使いこなす猿たちが異様にカッコいい!

ディザスター・アクション超大作『猿の惑星 新世記(ライジング)』が9月19日(金)よりいよいよ公開。前作『猿の惑星 創世記(ジェネシス)』(11)に続き、猿のリーダー・シーザー役に入魂の演技で挑んだアンディ・サーキスのインタビュー映像を先行で公開!撮影エピソードや前日譚シリーズの今後の行方について興味深いコメントを残している。

アンディ・サーキスといえば、『キング・コング』(05)のコングや『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラムなど個性的なキャラクターに扮し、その演技が高く評価されてきたパフォーマンス・キャプチャーのパイオニア。本作でも、この技術を駆使して前作以上に感情表現豊かな猿(シーザー)の姿を体現。その秘訣について彼は、「猿を演じるうえで最も重要なことは平静を保つことなんだ。“あれもこれもやってみたい”という欲求を自分の中に飲み込めばリアルな感情を表現できる」と明かしている。

他にも、役を演じるうえで大きな支えとなった最新の技術を「作品に感情を与えてくれ、まさに技術という枠を超えた職人技だ」と絶賛しているサーキス。そして、今後のストーリーの方向性についても言及している。

「3作目にも参加してほしいと言われている」とすでに新作へのオファーがあったことを明かし、「いずれはオリジナルの話にたどり着くと思うけど、それが3作目になるのか5作目になるかは分からないね」と、意味深なコメントを語っている。

映像技術の進歩とともに、自身もさらなる進化を遂げているアンディ・サーキス。そんな彼の演技と本作をより楽しむために、まずはこのインタビュー映像をチェックしてほしい!【Movie Walker】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報