シュワちゃん、妻との離婚が年内にも成立

シュワちゃんついに離婚!
  • シュワちゃんついに離婚!

アーノルド・シュワルツェネッガーと妻のマリア・シュライバーの離婚が年内にも成立すると英紙デイリー・メイルが伝えている。

86年に結婚したふたりは、11年にシュワルツェネッガーの隠し子発覚をきっかけに別居したが、その後シュワルツェネッガーが再び結婚指輪をしている写真が撮影されたり、ふたりで仲良く食事をしている姿を目撃されたりと、関係は修復に向かっていると報道されていた時期もあった。しかし、水面下では弁護士を通しての交渉が行われていたようで、4億ドル(約433億円)とも言われている財産分与でも合意に達し、年内にも離婚が成立すると関係者が証言している。

「長い道のりでした。長い間、彼らにとって離婚を成立させることが優先問題ではなかったからです。しかし、ようやく離婚がほぼ成立しました。現在、弁護士たちが最終的な細かい部分をまとめているところです。全て計画通りに行けば、クリスマスまでには離婚が成立しているでしょう」と関係者が同紙に話している。

シュワルツェネッガーの資産は約3億ドル(約325億円)で妻マリアの資産は1億ドル(約108億円)と言われている。カリフォルニア州の法では、マリアは結婚していた間に夫が稼いだ金額の半分を受け取ることができるという。11年に隠し子が発覚した時、シュワルツェネッガーは「弁解のしようもない。(妻を)傷つけてしまった責任は自分にある」と全面的に自分の非を認めていた。

マリアは先月、新恋人のマシュー・ダウドと共に結婚式に出席している姿を撮影されている。また、先週カリフォルニア州会議事堂にあるシュワルツェネッガーの州知事時代の公式絵画から妻マリアの顔が消されたことが話題になったばかりだった。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報