大人の炭酸「シュウエップス」より熟成感たっぷりのリンゴフレーバーが登場!

大人の“こだわり”を満足させる深い味わいの「シュウェップス アップルモルト」(410ml メーカー希望小売価格・税別140円)
  • 大人の“こだわり”を満足させる深い味わいの「シュウェップス アップルモルト」(410ml メーカー希望小売価格・税別140円)

日本コカ・コーラは、自分らしいライフスタイルを確立した40代以上の大人世代に向けた炭酸飲料ブランド“シュウェップス”シリーズから「シュウェップス アップルモルト」を9月22日(月)より全国で新発売する(410ml・ペットボトル メーカー希望小売価格・税別140円)。

“シュウェップス”は、1783年に誕生した世界初(同社調べ)の炭酸飲料ブランドで、1837年には英国王室御用達のソーダメーカーとして認定を受けるなど、英国をはじめとするヨーロッパ地域を中心に、歴史と由緒あるブランドとして世界75カ国以上で230年もの間、親しまれ続けている。炭酸飲料を月に1回以上飲む人を対象に、同社が2013年1~12月に実施した調査では、35歳以上の大人層の割合が“シュウェップス”ブランドでは65%と、大人層の飲用者の高い支持を獲得しているという。

今回新発売の「シュウェップス アップルモルト」は、親しみのある爽やかな甘みのリンゴ果汁の味わいに、麦を原料としたモルトエキスを相性のよい植物性乳酸菌で発酵させた、独自の“発酵モルトエキス”を組み合わせた。そのためウイスキーやビールのような発酵感・熟成感のある風味が付与され、大人のこだわりを満たす深みのある味わいが実現。カロリーオフで健康面にも配慮されているのが嬉しい。

パッケージは、熟したリンゴの果実をイメージした赤の背景をベースに、中心には炭酸の泡立ちに包まれたリンゴの果実と“発酵モルトエキス”の原料である黄金の麦を印象づけた。また、キャップ部分やボトルの下部には黒色をバランス良く使用、洗練された大人のイメージのデザインとなっている。リラックスや気分転換のひとときに、大人世代納得の“シュウェップス”を選んでみてはどうだろうか。【東京ウォーカー】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報