ビヨンセ、またもやフォトショップ加工でスリムボディに!

ばればれ加工でファンもあきれ気味
  • ばればれ加工でファンもあきれ気味

今年4月に、太ももの間に隙間を入れてスリムに見せるフォトショップ加工疑惑が浮上したビヨンセに、またもや太ももフォトショップ加工説が浮上し、ファンがあきれる騒ぎになっている。

問題の写真は、9月4日に33歳の誕生日を豪華ヨットで迎えたビヨンセが披露しているビキニ姿のインスタグラムで、階段から降りてくるビヨンセのボディは、コンサートや普段の写真で見受けられる豊満なウエストやたくましい太ももとは比べ物にならないほどスリムになっており、太ももの間からは、お尻の肉が見えるほどの隙間があいている。

「下からのショットとはいえ、太ももの隙間からでん部の肉が見える構図はどう考えても不自然で、フォトショップ加工をしていることは間違いありません」と関係者がデイリー・ニュースに語っているが、ファンたちもあまりに過度な修正に嫌気がさしているようだ。

「なんで太ももの隙間をわざとらしく作るのか」「ビデオの中で『自分を受け入れよう』なんて言っておいて、なんで自分を偽るのか」「パパラッチが撮った同じ写真を見ても、ウエストだってもっと太いし、明らかにいじっている」という批判的なツイートが殺到しているという。

太ももについては、4月にゴルフコースのグリーンの上でパターを打つビヨンセの太ももが細かったことでフォトショップ加工が疑われていたが、8月にはビヨンセがインスタグラムにポスティングした写真に写っているスマートフォンやワイングラスがいびつな形をしていることで、ファンからも疑問の声が上がっていた。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報