金太郎も応援!?“サラリーマンが得するプロレス大会”とは

このような熱戦が割引価格で見られる!?
  • このような熱戦が割引価格で見られる!?

毎日汗水たらして働いている人に朗報だ。この秋、人気コミックとプロレス団体がコラボした“サラリーマンが得をする”プロレス大会が開催されるという。

これは今年連載開始20周年を迎える本宮ひろ志の人気コミック「サラリーマン金太郎」と、大日本プロレスがコラボした「最侠タッグリーグ戦」というイベント。働く男の生き様をテーマとした同作品の作風と、大日本プロレスの、男気あふれる“最侠”の男を決める戦い「最侠タッグリーグ」という理念が共鳴して実現したという。

コラボ内容もユニークなのだが、特に注目したいのが“サラリーマン金太郎シート”。主人公、矢島金太郎のポスターや横断幕が出る中に設置されたシートは、「サラリーマン応援企画」として、サラリーマンなら割引されるというもの。大会当日、男女問わず「スーツ、Y シャツ」などを着て来場すると、チケット料金が割引されるのだ。

「大会は、9月20日(土)に山形県の酒田市で行われるプレ開幕戦を筆頭に、11月の後楽園ホールまで開催されます。20周年を迎える『サラリーマン金太郎』と、『大日本プロレス』の世界観を深く知るきっかけとしてほしいですね」というのは、「サラリーマン金太郎」の広報担当であるサード・ラインの吉田さん。「今年は金太郎の連載20周年を記念して、ほかにもサラリーマンに喜んでもらう企画を続々実施予定です。今は働く男を応援するスマートフォンアプリ『週刊ジョージア』内で新製品を売って昇進していくゲームも提供中なので、合わせてチェックしてほしいですね」。

スーツやYシャツなど、“サラリーマンの戦闘服”を身にまとって、アツい闘いを見に出かけてみてはいかがだろう。【東京ウォーカー】

■大日本プロレス「最侠タッグリーグ戦」
9月20日(土)=山形・酒田大会 ※プレ開幕戦
9月23日(祝)=後楽園ホール大会 ※開幕戦
10月31日(金)=後楽園ホール大会
11月21日(金)=後楽園ホール大会 ※準決勝・決勝

キーワード

[PR] おすすめ情報