片岡愛之助、楳図かずおとお揃いの赤白ボーダー姿に「漫才コンビみたいになっている」

楳図かずおと片岡愛之助が赤白ボーダー姿でグワシ!
  • 楳図かずおと片岡愛之助が赤白ボーダー姿でグワシ!

ホラー映画『マザー』(9月27日公開)の完成披露上映会が9月18日に新宿ピカデリーで開催され、長編映画監督デビューを果たした恐怖漫画界の巨匠・楳図かずおと、楳図役を任された俳優・片岡愛之助が登壇。劇場の階段には、楳図の代名詞とも言える“赤白ボーダー”のカーペットが敷かれ、赤白ボーダー姿の2人が笑顔で闊歩した。

1995年以降、腱鞘炎のため休筆を続けている楳図が、自ら監督・脚本も手掛け挑む本作。楳図の作品創造の秘密に迫っていく自叙伝的なストーリーとなっている。楳図は「噛めば噛むほど味のでる、素晴らしい映画になっております」と胸を張り、「グワシ!」と決めポーズ。

お揃いの赤白ボーダー姿で楳図と仲良く登場した愛之助は「漫才コンビみたいになっていますが、映画にこんなシーンは一切ございません!ホラー映画、しかも楳図先生の世界観のホラー映画です」とアピールした。もちろん、楳図役として劇中でも赤白ボーダーの衣装を着ているが「最初は『大丈夫かな』と思ったんですが、着てみると意外としっくりきた」とのことで、「最近、ボーダーを着ているんですよ。モチベーションが上がります」と告白。楳図も「めちゃめちゃ似合っていますよね。ボーダーはエネルギーの象徴なんです」と嬉しそうな笑顔を見せていた。

77歳にして初映画監督を務めた楳図だが、「漫画も映画も基本、もの作りという点では同じ。19年目の新作として見ていただけると嬉しい」とニッコリ。愛之助が「これは、楳図先生が今までやられたことの集大成ですよね」とうなずくと、楳図も「そう!漫画、音楽の経験も活かせる、映画って総合芸術だなって思いました」と自身の経験を詰め込んだ作品に大満足の様子だった。

息もぴったりの2人だが、愛之助は「最初は楳図先生の自伝を作ると聞いていて。即刻、お断りしたんです。だって、全然似ていないじゃないですか!」と激白、会場の笑いを誘った。さらには、クランクイン前に対面した際には、楳図がケガをしていたそうで、「実は先生が入院なさっていた。頭を手術して。撮影もちょっと無理なのかなと思っていたら、奇跡的な回復力によって戻ってこられた」と楳図のパワーに驚嘆。楳図は「お医者さんも回復力には驚いていて。立派な脳をしていると言われました!嬉しいですね」と明るく語り、会場からもエネルギッシュな楳図の姿に拍手が上がっていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報