東京ゲームショウを遊び尽くす「4つの裏ワザ」を伝授!

9月20日(土)・21日(日)は待ちに待った東京ゲームショウ2014の一般公開日!
  • 9月20日(土)・21日(日)は待ちに待った東京ゲームショウ2014の一般公開日!

9月20日(土)・21日(日)は待ちに待った東京ゲームショウ2014の一般公開日だ。各メディアが続々と伝える会場の模様を見て期待に胸を躍らせている人も多いだろう。そこで今回は、「週刊ファミ通」編集長を長年務め、ゲーム業界歴23年のバカタール加藤(現・Walker47編集長)が東京ゲームショウ(以下TGS)を遊び尽くす、意外な「4つの裏ワザ」を伝授する。

<その1>高速&路線バスが便利!

「東京や東京近郊から電車に乗って「海浜幕張駅」まで行き、そこから徒歩で幕張メッセまで行くという人が多いだろう。それも良いのだが、意外に狙い目なのが高速バス。東京駅、銀座、YCAT(横浜シティ・エアターミナル)、羽田空港、成田空港から幕張メッセ行きの高速バスが出ているのだ。また、幕張本郷駅からは路線バスが出ているので、こちらもチェックしておこう!ちなみに、多少の渋滞が嫌じゃなければ、荷物が増える帰りは高速バスが絶対に楽ちんだ」

<その2>まずは肩掛けバッグをゲット!

「会場に着いたら、まずは肩掛けバッグをゲット!紙製やビニール製が多いのだが、なかには布製のバッグもあったりするので要チェック!良さそうなバッグを持っている人がいたら、迷わずどこでゲットしたかを聞こう!販促物や購入したグッズをどんどん放り込むためにも必需品なのだ。一般公開日の2日目に行く場合は、初日の映像を見て、絵柄からどこのブースで配布しているバッグなのかを確認しておくとなおさら良い。ちなみに布製の大きな肩掛けバッグは、イベント終了後もクリーニング店に服を出しに行く時や、引っ越しの際にも重宝するはず 」

<その3>激レアグッズのオークションを見逃すな!

「実は一般公開日の2日間、メイン会場の8ホール(会場のいちばん端)のステージで、レアグッズが放出されるチャリティオークションが開催される。東日本大震災の復興支援が目的で、各ゲームメーカーや関係各社が参加している。今年も『メタルギアソリッド』シリーズで有名な小島秀夫監督や、『龍が如く』シリーズの名越稔洋総合監督のサイン入りグッズ、さらには芸能人や声優の関連グッズなどがオークションにかけられるので、興味がある人は事前にチェックしておこう」

<その4>業界人の話を聞きたいなら…

「これはかなりの裏ワザ。ゲームファンの中にはゲームに携わる業界人と会ってみたい、という人もいるだろう。もちろん会場内のイベントでも会える!それがこのイベントの良いところ。だが、会場は当然混雑しているし、ゆっくり話を聞くことはできない。もし仮に、業界人の生の話が聞きたいのなら、イベント後の幕張周辺の飲食店が狙い目。実は、ゲーム業界の重要人物や著名なクリエーターたちは、4日間もあるイベント期間中は、幕張メッセ周辺のホテルに泊まっていることが多い。なので、ホテル内のレストランで食事を取ることも多く、夜は関係者やスタッフと一緒に周辺の焼肉店や居酒屋に食事に行ったり、打ち上げをすることもある。経験上、イベント期間中の幕張メッセ周辺の居酒屋に行くと、隣も横も後ろのテーブルもゲームメーカーの人だった、なんてことはよくある話。いやでも業界人の話が聞こえてくるという状況なのだ。毎年恒例のイベントなので、宿泊するホテル、食事する店がある程度決まってる、というパターンも多い。さらに、昼間はホテル内にあるカフェが打ち合わせによく使われる。…と書いておいて恐縮なのだが、くれぐれもクリエーターや著名人の方々に迷惑を掛けないように、マナーを守って東京ゲームショウを皆で盛り上げよう!」【東京ウォーカー】

Walker47の「東京ゲームショウ2014」特集はこちら!

キーワード

[PR] おすすめ情報