マイリー・サイラス、メキシコ国旗を冒涜したとして当局が調査へ!

マイリーお得意のつけ尻!
  • マイリーお得意のつけ尻!

マイリー・サイラスがメキシコのモンテレイで行ったコンサートで、パフォーマンス中にメキシコの国旗を冒涜したとしてメキシコ当局が調査を始めている。

米FOXニュースによれば、このコンサートはメキシコの独立記念日を祝って行われたもので、マイリーは大きな人工のつけ尻を装着し、いつものようにトワークダンスを踊っていた。そして例によって前かがみの姿勢になってお尻を突き出し、男性ダンサーにメキシコの国旗でお尻を叩かせていたそうだ。このパフォーマンスを見ていたメキシコの人々は、国旗でお尻を叩くとは何事かと怒り始めたそうで、国家への侮辱とし当局が調査に乗り出した。

コンサートが行われたヌエボ・レオン州は、マイリーを提訴することを検討しており、有罪と見なされれば1200ドル(約13万円)の罰金か、または36時間の禁固刑に処される。

メキシコでは、国旗は国の重要なシンボルと見なされており、アーティストたちがそれを使って何かを行う時には、扱い方に厳しいことで知られている。08年には、メキシコ人歌手のポーリナ・ルビオが国旗だけを体にまとったヌードでポーズをとり、当局から罰金を課されている。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報