ジョン・トラボルタが同性愛疑惑に関して初めてコメント!

同性愛者疑惑について初めて語るトラボルタ
  • 同性愛者疑惑について初めて語るトラボルタ

ジョン・トラボルタが、以前からマスコミに取り上げられている同性愛者疑惑について初めて自らの口で語った。

トラボルタは現在、彼のお抱えパイロットであった男性、ダグラス・ゴターバと法廷で争っている。ダグラス・ゴターバは、6年間もトラボルタの愛人であったと申し立てているが、トラボルタは、「その主張は虚偽で、金銭的な動機にもとづいたものだ」と主張している。

「これは全てのセレブリティの急所なんだ。単に金がほしい人々がやっていることだよ。それだけだ。こういう問題はあらゆるレベルで起こる。僕はあまり気にしていない。僕よりも激しく反撃する人は他にいるかもしれないし、マスコミを制御しようとすることはとっくの昔に諦めた。コントロールするのは無理だからね。ある意味では、そのせいでこれほど長引いているとも言えるけど」とThe Daily Beastにコメントした。

また、彼にとってはこうしたセックスに関する報道よりも、09年に長男が亡くなった後に多く書かれた中傷記事のほうが我慢できないものだったそうで、「息子を亡くした時のマスコミ報道のほうがひどかった。あれほど気持ちが落ち込んだことはない。セックスに関するものはまあいいんだ。それに興味を持つ人はいるだろうから。だが家族は別だ。そこだけは放っておいてほしい」と話している。【UK在住/ブレイディみかこ】

キーワード

[PR] おすすめ情報