月9「信長協奏曲」に藤木直人らの出演が決定!

ドラマ「信長協奏曲」で天才軍師・竹中半兵衛を演じる藤木直人
  • ドラマ「信長協奏曲」で天才軍師・竹中半兵衛を演じる藤木直人

10月13日(月)からフジ系で放送される、小栗旬主演の月9ドラマ「信長協奏曲」で、先日発表された柴咲コウ、向井理、山田孝之に続いて、藤木直人ら新キャストが分かった。

藤木は、織田家のライバル・斎藤家に仕えていたもののサブロー(小栗)の人柄に引かれ、彼の元で働くこととなった天才軍師・竹中半兵衛を演じる。また、政略結婚をした本物の信長(小栗・2役)とは折り合いが悪く、織田家内で孤立している帰蝶(柴咲)の良き理解者で、帰蝶の身の回りの世話をする待女・ゆき役で夏帆が出演。さらに、山田孝之演じる伝次郎と行動を共にする今川義元の間者(スパイ)・段蔵を早乙女太一が演じる。そして、幼いころに人質として織田家に預けられ、サブローの良き遊び相手となり、彼のことを慕ってやまない後の徳川家康を濱田岳が演じる。

一方、帰蝶の兄で、斎藤道三の息子・斎藤義龍役で新井浩文が出演。また、けんかっ早いところが玉にきずながら、織田家家臣の中で中心的な役割を担う柴田勝家を高嶋政宏が演じる。さらに、信長の実の弟で、自身の目標である織田家当主の座を奪うために邪魔な存在となる信長に対して、激しい敵対心を燃やす織田信行役で柳楽優弥が出演。信長に忠実な家臣で、森蘭丸の父親・森可成を森下能幸が演じる。ほか、森可成と同じく信長に忠実な家臣で数々の戦で活躍を果たした丹羽長秀役で阪田マサノブ、元はただの悪ガキに過ぎなかったものの、織田家を支える有力武将の一人となった佐々成政役で阿部進之介が出演する。

そして、帰蝶の実の父親で“美濃のマムシ”と呼ばれ、周囲から恐れられた有力武将・斎藤道三を西田敏行が演じる。

石井あゆみの人気同名漫画が原作となるドラマ「信長協奏曲」では、勉強嫌いで日本史にも一切興味がない高校生・サブローが戦国時代にタイムスリップし、本物の織田信長に成り代わって天下統一を目指していく姿が描かれる。

「信長協奏曲」
10月13日(月)スタート
毎週月曜夜9:00-9:54
フジテレビ系にて放送

キーワード

[PR] おすすめ情報