嵐15周年ハワイライブで、街が“嵐一色”に!! 写真付きで嵐流“おもてなし”を一挙公開

カラカウア通りには113本のフラッグが掲出された
  • カラカウア通りには113本のフラッグが掲出された

ことしデビュー15周年を迎える嵐が、9月19日~9月20日に15周年記念公演を、ハワイのオアフ島・コオリナの特設ステージで行った。ハワイは嵐のデビュー発表会見が行われた地で、嵐にとって思い入れの深い地。2日間で3万人を動員したほか、日本から船便でコンテナを16台、空輸にて20tもの機材を持ち込み、ハワイ最大規模の野外コンサートステージとなった。ステージ左右から伸びる客席の上空を動くムービングステージは日本から持ち込まれ、オープニングにはメンバーがヘリコプターで登場。ラストに400発もの花火が打ち上げられるなど、15周年にふさわしい華やかな公演となった。

ライブだけでなく、街も“嵐一色”に染まった。ファンへのホスピタリティサービスとして実施されたのは、以下の通り。

(ハワイコンベンションセンター)

●ハワイコンベンションセンター外に“ARASHI BLAST”のFLAGを掲示●ツアー参加者の個人名入りツアーパスの進呈●“ウェルカムムービー”の上映●コンサートロゴ入り“Wi-Fi”カードの進呈●LeSportsacのレイヤード+クーポンを配布●トロリーのフリーパス配布

(ホノルル街内のプロモーション&サービス)

●“ARASHI THEATER”の上映●カラカウア通りでのフラッグ装飾―9月15日から21日まで、113本のフラッグ“ARASHI BLAST”のロゴを掲出●ワイキキトローリー側面への“ARASHI BLAST”のロゴを掲出●ホノルル街中に数カ所の嵐スポットを設置(白木屋、LeSportsac店舗、ワイキキビーチパラソルにロゴ掲出)

(コンサート当日)

●“ARASHI BLAST”ロゴ入り折り畳みチェア、ロゴ入りペットボトル、ミネラルウォーターをプレゼント●“WELCOME GATE”では、ウェルカムギャラリーとして、フードワゴン、休憩テント、協賛ブースにて開場まで楽しめる施設を用意●会場のモニュメントとして、“WELCOME TOWER”を設置●会場入口にてレイのサービス●会場近隣のハーバーエリアでは、15年前グループ結成時に使用したクルーザーや、当時の写真を展示●過去のコンサートグッズからTシャツを展示

15周年を迎えた嵐にとっても、嵐ファンにとっても、忘れられない2日間となったに違いない。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報