早見あかりがオーディションを突破して“最も神に近い”役をゲット

フジテレビ系の新ドラマ「すべてがFになる」の出演が決まった早見あかり
  • フジテレビ系の新ドラマ「すべてがFになる」の出演が決まった早見あかり

武井咲、綾野剛のW主演の連続ドラマ「すべてがFになる」(10月21日火曜夜9時スタート、フジテレビ系)にももいろクローバーの元メンバー、早見あかりが出演することが明らかになった。早見はフジテレビの連続ドラマに初レギュラー出演。また秋クールからはNHKの連続テレビ小説「マッサン」にもレギュラー出演することが決まっている。

「すべてがFになる」は、スーパー理系頭脳を持つ、「リケジョ」の女子大生・西之園萌絵(武井)と工学部建築学科の准教授・犀川創平(綾野)の師弟コンビが、天才的頭脳の持ち主の仕組んだ、解の見えない密室殺人と猟奇犯罪方程式に挑むサイエンスミステリードラマ。

早見あかりが演じるのは、“人類のうちで最も神に近い”といわれる天才プログラマー・真賀田四季(まがた・しき)。犀川も彼女の世界最高の頭脳に興味を持ち熱をあげるほど。四季は9歳でアメリカのプリンストン大学に入学後、11歳で博士号を取得するなどコンピューターサイエンスの頂点に立つ天才プログラマーとして世界的に名を馳せる。両親ともに著名な学者であったが、彼女が14歳の時に両親が殺害され、その罪に問われ裁判にかけられてしまう。だが、心神喪失状態と判断され無罪となる。以降、15年間孤島にある真賀田研究所の地下に閉じこもり、一切人前に姿を現さずに過ごしているというミステリアスな役どころだ。

早見はおよそ300人の中からオーディションを突破し、本作において密室殺人の謎を解く鍵を握る重要な役を手に入れた。また今回は1人3役(14歳、28歳、妹)にも挑戦する。

ことし5月には「百瀬、こっちを向いて。」で映画初主演を果たし、前クールでは深夜ドラマ「アゲイン!!」(TBS系)のヒロインを演じた早見。編成企画・成河広明氏は「エキゾチックな顔立ち。年齢不詳な存在感。広いレンジに響く声。何より確かに存在するけど、決して存在しないような雰囲気。どれもが真賀田四季そのものだと監督、スタッフ全員が瞬時に確信しました。早見さん演じる真賀田四季は間違いなく、視聴者の皆さんの目を奪うキャラクターとなるはずです」と自信たっぷりに今回のキャスティングについて説明している。

以下、早見あかりのコメントを紹介する

――オーディション決定後の感想を教えてください。

女優としてやってみたい役であったので、決まった時は素直にうれしかったです。ありのままの私を見てもらえたらと思い、作り込むことなどはせず、オーディションに挑みました。

――真賀田四季という人物をどう捉えてますか?またどう演じていこうとお考えでしょうか?

幻のような存在であり、そこに彼女の魅力があると思います。人間であって人間でない…無機質な彼女をうまく演じることができたらいいなと思っています。

――ファンへメッセージをお願いします。

新しい早見あかりをお見せできるよう、頑張ります!楽しみにしていてください。

「すべてがFになる」
10月21日(火)スタート
毎週火曜 夜9:00-9:54
※初回の時間枠拡大は調整中
フジテレビ系で放送
出演=武井咲、綾野剛、小澤征悦、早見あかり、吉田鋼太郎


キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報