武井咲、ドSな役柄の大倉忠義に無茶ぶり「バカって言ってほしい」

『クローバー』の完成披露試写会に登壇した武井咲
  • 『クローバー』の完成披露試写会に登壇した武井咲

稚野鳥子の同名少女コミックを、武井咲と関ジャニ∞の大倉忠義を迎えて映画化した『クローバー』(11月1日公開)の完成披露試写会が、9月22日に東京国際フォーラムで開催。武井扮する平凡なOLと大倉扮するドSな上司の恋愛を描いた本作ということで、キャスト陣は3mの“ドS大階段”から登場。はにかむ武井と共に階段を下りた大倉は「なかなかドSの階段を下りることはないので、貴重な体験をありがとうございました」と笑顔で語った。

大倉演じる上司・柘植から、邪険な扱いを受ける主人公・沙耶役を演じた武井は「嫌いだあと思いました。でも、優しいところもあるので、そういうところを知ってるから追いかけていくんだろうなと」と言うと、大倉も「心が痛かったです。こんな可愛い方に、暴言を吐くわけですから」と恐縮。

武井が「でも、みなさん、『バカ』って言われたいですよね?」と観客に尋ねると、観客は「キャー!」と歓声を上げて大興奮。上地も永山も「聞きたいな」とノリノリ状態に。古澤監督も「本当は好きだよって気持ちを裏に込めながら、素直になれない柘植さんとしてやって」と大倉を演出。大倉は照れながらも「バーカ」と言うと、会場はキャ~~!と割れんばかりの歓声でいっぱいになった。

大倉は「おかしいでしょ。君たち、おかしい感情だよ」と苦笑い。武井はさらに「カメラ目線ではなく、ここにいる人たちのために言ってほしい」とアンコール。大倉は「まさか武井さんから無茶ぶりが来るとは」と言いながら、再び「バーカ」と言うと、再度、場内は黄色い歓声に包まれた。

大倉は、柘植のドSな上司役の上地にも「柘植よりドSなんです。どんな『バカ』が聞けるか?」と振ると、上地は「やりにくいわ」とタジタジになりながらも「バーカ」をお見舞い。舞台挨拶は、大いに盛り上がりを見せた。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報