熟女の色香あふれる!高岡早紀の花魁姿が美しすぎる

安達祐実演じる朝霧の運命を変える先輩女郎・霧里に扮した高岡早紀
  • 安達祐実演じる朝霧の運命を変える先輩女郎・霧里に扮した高岡早紀

江戸末期の吉原を舞台に遊女の悲恋を描く、安達祐実主演のラブストーリー『花宵道中』(11月8日公開)。遊女・朝霧役に挑戦し、自身初のフルヌードにも挑戦した安達の演技が話題を呼んでいるが、高岡早紀演じる遊女・霧里の存在が、圧倒的な美しさと共に鮮烈な印象を残している。

虐待を受けていた母親が亡くなり、行き場のない朝霧を拾ったのが吉原遊郭にある山田屋の人気女郎・霧里(高岡早紀)。先輩として朝霧に女郎の心がけなどを教えるが、やがて、織物問屋の吉田屋に身請けされ、謎の死を遂げてしまう。劇中では回想シーンにしか登場しないものの、彼女の存在が朝霧の恋路にも大きく影響してくる重要なキャラクターだ。

また、江戸末期には位の高い遊女しか許されなかったという、女郎がなじみの客を迎えに着飾って遊郭内を練り歩く花魁道中のシーンでは、高下駄の底を見せずにすり足のまま八文字を描きながら歩く“内八文字”を披露。遊女らが一度はやってみたいと憧れるのもうなずけるような艶やかなシーンとなっている。

この秋には哀川翔主演の『25 NIJYU-GO』(11月1日公開)で過激なアクションに挑戦するほか、10月には23年のアルバムを発売し、12月にはCD発売記念ライブを予定しているなど歌手としても活動中。昨年、自身が主演した『モンスター』の主題歌で歌声を披露し、そのPVが動画再生数が14万回を記録するなど、ジャズシンガーとしても注目されている彼女。昨年にデビュー25周年を迎え、さらに精力的に活動する高岡早紀の魅力に触れてみてほしい。【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報