障害物を回避!自動走行するチョロQとは!?

「Q‐eyes」は、自動走行を実現したチョロQ。障害物を検知し、方向修正しながら走行。単3形アルカリ乾電池2本を使用する充電器に本体をセットして10秒充電すると、1分間の走行が可能
  • 「Q‐eyes」は、自動走行を実現したチョロQ。障害物を検知し、方向修正しながら走行。単3形アルカリ乾電池2本を使用する充電器に本体をセットして10秒充電すると、1分間の走行が可能

タカラトミーより、自動走行システムを搭載したチョロQ「Q‐eyes(キューアイズ)」(税別3500円/全4種)が、9月30日(火)から発売となる。

第1号となる試作品の誕生から今年で35周年を迎える、プルバック式ゼンマイを搭載のディフォルメミニカー“チョロQ”。そのチョロQに、今回、サイズやデザインはそのままに、自動車業界で今注目の“自動走行”を搭載した近未来型のチョロQ「Q-eyes」が登場する。

本商品は、左右のヘッドライト下にあるセンサーで障害物を検知し、ステアリングを切りながら、ぶつからないように走行することが可能。そのセンサーの特性を利用し、手をかざして走る方向を操ったり、高さ1cm以上のペンや消しゴムなどの文具でコースを作り、コースの道筋に沿って走らせることもできる。

さらに、“Aモード”と“Bモード”の、シーンに合わせた2つの走行モードを搭載。Aモードは、障害物に進行方向を塞がれた時、バックして進行可能な方向への切り返しができるモードだ。一方、Bモードは、障害物が正面に現れた時、障害物の前で止まるモードで、障害物が取り除かれるまでその場に停止させることが可能。障害となる壁のようなものをあちこちに作ってバックさせたり、箱のような形の物に車庫入れさせたりと、色々な遊び方を楽しむことができるモードとなっている。

他に、Q-eyes専用のコースが組めるコースパーツと車庫、本体がセットになった「Q‐eyes コースガレージセット NISSAN GT‐R」(税別5500円)、チョロQの新作「チョロQ」(税別550円/全6種)、チョロQのキャラクター版「チョロQ MIX」(税別830円/全4種)なども、本商品と同日発売される。

自動走行という夢を実現した「Q‐eyes」。自動走行には付属の充電器での充電が必要となるが、その充電も10秒という短時間で済み、1回の充電で約1分間の走行が可能という、遊び勝手の良い仕様となっている。子供だけではなく、昔遊んだことのある大人も、進化したチョロQにきっと夢中になるだろう。【東京ウォーカー】

Trademarks, design patents and copyrights are used with the approval of the owner Volkswagen AG. The trademarks, copyrights and design rights in and associated with Lamborghini, Lamborghini with Bull and Shield Device, are used under license from Automobili Lamborghini S.p.A., Italy. ©2014 San-X Co., Ltd. All Rights Reserved. ©1976,2014 SANRIO CO.,LTD. ©2014 Nintendo Licensed by Nintendo ©LINE FRIENDS/TV TOKYO Reserved

キーワード

[PR] おすすめ情報