日本スポーツ史を塗り替えた錦織圭にインタビュー

「世界を沸かせ!SPECIAL 錦織圭“独占告白”挑戦者の秘密」(BS朝日)で、錦織圭選手の本音を聞き出す
  • 「世界を沸かせ!SPECIAL 錦織圭“独占告白”挑戦者の秘密」(BS朝日)で、錦織圭選手の本音を聞き出す

プロテニスプレーヤー・錦織圭選手が、先ごろ行われた全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム準優勝を果たした。錦織選手は決勝戦を振り返り「選手が2人きり。違和感がありました」と明かす。9月27日(土)昼2:30よりBS朝日では、「世界を沸かせ!SPECIAL 錦織圭“独占告白”挑戦者の秘密」と題し、錦織選手に独占インタビューを敢行。その本音と秘密に迫る。

5歳からテニスを始め、小学生のころにその優れた才能を開花させた錦織選手は、13歳のときにある決断をする。それは、単身での米国テニス留学。その後、プロデビューを果たすと18歳で早くもATPツアー初優勝を飾り、注目を集める。そんな矢先に、けがに見舞われる。右肘を手術し、世界ランキングは圏外に。錦織選手は当時を振り返り、「やはり葛藤がありましたね」と話す。自信や目標を失いかけたが、'10年に復帰し再スタート。それまで攻撃一辺倒だったプレースタイルから守備と攻撃のバランスを重視するように。すると、世界ランキングも次第にランクアップし、ロジャー・フェデラーやノバク・ジョコビッチといったトッププレーヤーとも互角の戦いを見せ、'12年10月、日本男子初となるツアー2勝目を飾る。しかし、世界ランキングトップ10の壁をどうしても破ることができない。錦織選手はさらなるレベルアップを目指し、かつての名プレーヤー、マイケル・チャンをコーチに迎え入れる。精神面から技術的な改善まで事細かに指示するチャンコーチの下、ことし5月、錦織選手はついに世界ランクトップ10入りを果たす。そして、迎えた全米オープンテニス2014。錦織の快進撃が始まる。

「世界を沸かせ!SPECIAL 錦織圭“独占告白”挑戦者の秘密」
9月27日(土)昼2:30-2:55
BS朝日にて放送

キーワード

[PR] おすすめ情報