ごちゃつくキッチンがスッキリする!吊るす収納テク

使うものが多くて、調理の段取りを左右するキッチンまわりの収納。特に、数ある収納法の中でも圧倒的に便利な“つるす収納”ですっきりキッチンを維持している、収納のエキスパート、本多さおりさんにルールとコツをうかがいました。

つる収納の見極め方とは?

適材適所にものが整理整頓されている本多さん宅のキッチン。
  • 適材適所にものが整理整頓されている本多さん宅のキッチン。

各所にものがつるしてあり、非常に使い勝手がよさそうな本多さん宅のキッチン(写真)。「道具の取りやすさ、戻しやすさを考えた場合、“つるす”というのはとても楽ちんな収納法。とはいえ、つるす場所とつるしたいものがあったら、どんどんつるしちゃえ! というのはNGです」と本多さん。同エリアにいくつもつるし過ぎると、取りにくくなるばかりか、見た目がうるさくなって、ほこりもたまりやすくなり、かえって不便だとか。「つるすのは、基本使用頻度が高い一軍だけ。また、つるす目的は、ものを取りやすくすることですから、つるす前に“なにをいくつつるすのか”を、よく考えてください。つるすものを厳選すれば、毎日の家事効率がぐんとアップしますよ!」

フックを掛けられない場所にもひと工夫を

無印良品のワイヤークリップ。通常は挟む部分が下になるように使用するものを、逆にして使用。
  • 無印良品のワイヤークリップ。通常は挟む部分が下になるように使用するものを、逆にして使用。

フックにもいろいろ形状があり、種類も豊富。はさんでつるすタイプのワイヤークリップは無印良品のもの(写真)。クリップがついているから、フックをかけられない場所でもものをかけることが可能に。キッチンの布巾をかけたり、洗面所の歯磨き粉ををつるしたりと大活躍。

使用頻度の高いキッチンばさみは右手で取りやすく

使用頻度の高いキッチンばさみは、右手で取りやすいように、つるし収納を。ワンアクションで出し戻しができる!
  • 使用頻度の高いキッチンばさみは、右手で取りやすいように、つるし収納を。ワンアクションで出し戻しができる!

キッチンばさみにもつるす工夫が。使用頻度が高いキッチンばさみは、右手ですぐ取れるように、向かって右側が定位置。奥につるすことで、落ちても危なくありません。(写真)

適材適所で活用すればものの取りやすさは抜群になります。使用頻度の高いものを見極めて、つるす収納に挑戦してみましょう!【レタスクラブ】

教えてくれたのは
■本多さおりさん:整理収納コンサルタント。首都圏を中心に個人宅の整理収納サービスを行なう。多数の著書は累計17万部突破! 最新刊は『もっと知りたい無印良品の本』(KADOKAWA)

レタスクラブネットをチェック!
料理レシピや節約術など生活のアイデア満載

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報