“走りすぎ”は健康によくないってホント?

走る前に自分の体を知ろう!
  • 走る前に自分の体を知ろう!

東京マラソンに端を発したランニングブームで、皇居周辺などを走る若いランナーの姿は、もはや名物風景となっている。「ランナーズステーション」などの周辺施設も充実する中、ランニング初心者が軽いケガを負うという話もチラホラ聞こえる。

「実は急に走り過ぎて体にストレスをかけるのは、健康によくないことなんです」と語るのは、東京クリニックの笹沼仁一先生。なんという落とし穴! 健康のためにランニングを始めたのに、逆に体調を崩したりケガをしては元も子もない。

「特に女性はダイエット目的で節食することなどから、骨密度や体の筋肉量が低くなりがちです。ランニングに耐えられる体かどうかを事前に知ることが、健康維持にもつながってきます」(笹沼先生)。

ランニングを始める人は、もともと健康に対する意識の高い人が多い。人々がお洒落に楽しく走るためにも、事前の健康管理はとっても大切なのだ。そんなランナーの健康状態を気軽に検査できるのが、大手町の「東京クリニック」にある「ランナーズドック」だ。

自分に合ったペースで走り、体を知ってもらうことが「ランナーズドック」の目的。以前ランニングをした際に右ひざを痛めた記者も「ランナーズドック」を体験! まずは採血され、「酸化ストレス度」と「抗酸化力」を測定される。

「まずは“酸化ストレス度”と“抗酸化力”の測定を行います。鉄を錆びつかせるように、体の動きを錆びつかせる体内の活性酸素などを数値化したものが“酸化ストレス度”。その“酸化ストレス”を跳ね返す力が“抗酸化力”です。急に激しい運動をすると、酸化ストレス度は上昇します。この際に、十分な休息もなく“抗酸化力”がない状態で運動を続けると、健康を損なう恐れが出てくるのです」(笹沼先生)。

次に体の骨密度と筋肉量を測る体組織検査機械で全身データを取る。思いがけずケガをすることがないよう、走るのに十分な骨密度と筋肉量を知ることは大切だという。そして、わずか30分で自らの健康状態が判明するのだ。

ちなみに明らかになった記者の検査結果は、普段の不摂生が祟った驚愕の不健康状態。若さに任せた自らの体力を過信していた事実を突きつけられた。呆然とする記者に対し、先生は冷静にアドバイスを送る。助言を得て毎日の十分な栄養補給と適度な運動を肝に銘じた。

1度に全身をチェックできる「ランナーズドック」は時間はわずか30分程度。割高で時間のかかる人間ドックに比べ、7350円と比較的値段も抑えている。通常は土曜日に開設され、予約が必要となる。平日も相談に応じてくれるという。

ブームに乗り、皇居マラソンを始めようと思ったら、体力への自信の有無にかかわらず、ぜひ一度自分の体の状態を調べてみてはいかが?【東京ウォーカー/中道圭吾】

キーワード

[PR] おすすめ情報