オカマダンサーのルックスが超強烈!?安田顕が“変態キャラ”を活かした名演技で魅せる

『小川町セレナーデ』でオカマダンサーに扮した安田顕
  • 『小川町セレナーデ』でオカマダンサーに扮した安田顕

借金だらけのスナックを舞台に、ちょっと不思議な家族とそこに集まる人たちのドラマを描く人情コメディ『小川町セレナーデ』(10月4日公開)。シングルマザーのスナックのママとその一人娘らがオカマに扮し、“偽オカマバー”で再起を狙おうと奮闘するなか、オカマ指南を買ってでる強烈なルックスのオカマダンサー役を、演劇ユニット“TEAM NACS”の安田顕が熱演している。

ファンの間では“ヤスケン”の愛称で親しまれている安田は、NHKの大河ドラマや連続テレビ小説、ドラマ「アオイホノオ」(テレビ東京系)への出演など、話題作で活躍中の人気俳優。しかしながら、同ユニットの大泉洋とともに出演していた北海道発のローカルバラエティ「水曜どうでしょう」では、全身タイツ姿や牛乳の超早飲み、さらに過剰な脱ぎっぷりなど、芸人顔負けの“変態キャラ”としても一部で熱烈的な人気を博している。

そんな安田が本作では、ダンサーとして活躍しているオカマ美女・エンジェル役で登場。奇抜な服装に身を包み、お決まりの“おねぇ言葉”を連発するなどその破壊力は抜群だ。しかしその実、オカマであるがゆえに血縁上の娘に真実を告げられない複雑な心情を抱えており、ひとりの人間としての苦悩が見え隠れする本作のキーパーソンでもある。

映画、ドラマに引っぱりだこの安田が、超強烈なオカマを演じた『小川町セレナーデ』。かねてから支持されていた“変態キャラ”を活かした役どころに真正面から挑んだ彼の熱演を見逃すな!【トライワークス】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報