第9回横浜学「横浜と一神教」~キリスト教、イスラム教と横浜の関わり~を開催!

10/19(日)に開催される、関東学院大学と横浜ウォーカーのコラボ企画「横浜学」。

第9回のテーマは「横浜と一神教」~キリスト教、イスラム教と横浜の関わり~。

キリスト教やイスラム教など、世界で広く信仰されている宗教が、開港都市・横浜で果たしてきた役割について、また今後、横浜から発信する宗教の未来について講義が行われる。

当日は、キリスト教文化に詳しい関東学院大学文学部 教授の森島牧人先生が、開港以来の横浜とキリスト教との関係性を解説し、日本ムスリム協会の有見(ありみ)次郎先生は、食や生活全般に関わる、イスラム法に基づいた基準である「ハラール」についてなど、2020年に開催される東京五輪でのおもてなしのあり方などを交えて、知っているようで知らないイスラム文化を紹介する予定だ。さらに、関東学院大学文学部富岡幸一郎先生が、一神教の歴史的な理解について説く。

毎回白熱する3者講義では、一神教における現代ならではの課題について、未来へ向けた可能性を参加者とともに探る。

日程:10/19(日)13:00~15:00
会場:KGU関内メディアセンター
住所:横浜市中区太田町2-23 横浜メディア・ビジネスセンタービル8F
問い合わせ:045・650・1131
参加無料
申し込み方法:メールにて先着受付(氏名、住所、電話番号を明記)
yokohama@kanto-gakuin.ac.jp

キーワード

[PR] おすすめ情報