新宿アルタに岡本“タモリ”夏生と内田裕也が降臨!

早速コスプレについてふかわりょうからツッコまれる岡本夏生
  • 早速コスプレについてふかわりょうからツッコまれる岡本夏生

9月23日に新宿・スタジオアルタで行われたTOKYO MXの2大平日情報番組「5時に夢中!」&「バラいろダンディ」の公開生放送をリポートする。

アルタからの生放送は両番組とも初めて。さらにアルタの生放送スタジオとしての使用は「笑っていいとも!」(フジテレビ系)終了以来半年ぶり。ふかわりょうがMCを務める「5時に夢中!」はTOKYO MXを代表する番組のひとつで、「女性向け」と「言論の自由」をモットーに、マツコ・デラックスや岩井志麻子ら歯に衣着せぬコメンテーターのみをそろえての快刀乱麻を断つニュース批評が一部視聴者の強い支持を得ている。

生放送当日(火曜日)のレギュラーは岡本夏生と北斗晶の2人。特に岡本はスイカやフランクフルトなどほぼ毎回披露する奇抜なコスプレが番組名物となり、公開生放送でもどんな姿に変身するのか注目を集めていた。

本番前、アシスタントの内藤聡子が真っ赤なドレスで登場し客席を沸かせたのもつか間、悲鳴にも似た歓声が上がった。スーツにオールバックのかつら、右手に“あのマイク”、左手にかばん、なぜかすきっ歯という出で立ちでスタジオを物色する人影。岡本はタモリになって現れた。

タモリが32年間にわたって立ち続けた生放送の聖地ではこのスタイルが正装と言わんばかりに「きょうは『いいとも!』じゃないんですか?」とうそぶく岡本に、ふかわも「岡本さん、仕上げてきましたねえ!」と賞賛。ふかわの「大川貴史プロデューサーは謝罪の準備をしています!」との“波乱予告”から番組はスタートした。

新宿アルタの壁面にある大型ビジョンにも同時放映された生放送では、ニッチな話題を取り上げるニュース批評や、コーナーレギュラーのダンサー・えんどぅへのドッキリ企画など硬軟織り交ぜた構成に。岡本は開始10分後にはあっけなくサングラスを外して「オバマっぽい」スタイルに変更したり、ゲストとして曲を披露したMAXに合わせて自らも踊ったりする奔放ぶりで本領を発揮する一方で、CM中に自分で用意していた「タモリのお決まりパターン」のリストを見ながら“タモリフレーズ”を募るという意外に勤勉な一面も見せ、観客を楽しませていた。

■内田裕也「まずは家賃を滞納しないようにすることだね」

「5時に夢中!」の生放送終了後には、すぐにスタッフが集まり「バラいろダンディ」にセットチェンジ。MCの長谷川豊とアシスタントの小玉ゆうい、さらに火曜コメンテーターの中島知子、武井壮、ゴルゴ松本がスタジオに現れると、「5時に夢中!」メンバー登場時にも負けない歓声が巻き起こった。

「バラいろダンディ」は「5時に夢中!」の男性版として企画された前身番組を受け継いだ“夜のワイドショー”。ダンディと呼ばれるコメンテーターには梅沢富美男や浅草キッド、宇多丸らくせのあるメンバーがそろっており、毎日芸能ゴシップ・局地ネタ・下ネタなんでもありのタブーなきトークバトルが行われている。

「フジテレビに入社してアナウンサーとして初めてしゃべったのはスタジオアルタでした」とMCの長谷川が感慨深げに語りながら始まった生放送は、最新のゴシップネタを紹介しつつ「芸能人と付き合う方法を伝授」という話題で加護亜依率いるGirls Beat!!をスタジオに呼び、現役アイドルの加護らに直接「芸能人と付き合う方法」を聞くなど、独特の切り口でタブーに踏み込んでいく。

そんな中、番組に最大の波乱を巻き起こしたのはスペシャルゲストとして登場したロック界のドン・内田裕也だった。内田は「芸能界生き残り術!」として各界の大物との伝説エピソードを披露していくが、それらのエピソード以上に「合言葉は『ロックンロールに免じてひとつ勘弁してください』」「ミント系の清涼菓子が好きでいつも持ち歩いている」「交通系ICカードをSuicaとPASMOで2枚持ちしている」といった内田自身の伝説エピソードが大受け。さらに中島からの「これからますますいい女になるためにはどうしたらいいですか?」との質問に「まずは家賃を滞納しないようにすることだね」と返すとスタジオは大騒ぎに。中島も苦笑いも見せるほかなく、内田は「バラいろダンディ」初の公開生放送で番組の歴史に残るロックンロールな爪あとを残していった。

エンディングでも日本を代表する緊縛師・有末剛氏がサプライズ企画として、番組を卒業するゴルゴをものの2分程度で縛り上げ、ゴルゴは身動きが取れなくなったまま番組が終了。最後までわが道を行く姿勢を見せたMXの2大情報番組は、スタジオアルタに新たな生放送伝説を刻んで幕を閉じた。

「5時に夢中!」
毎週月曜~金曜 昼5:00-夜6:00

「バラいろダンディ」
毎週月曜~金曜 夜9:00-9:55
いずれもTOKYO MXにて放送

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報