ジョージ・クルーニーとアマル・アラムディン夫妻が初めて公の場に!

夫妻となって初めて公の場に姿を現したふたり
  • 夫妻となって初めて公の場に姿を現したふたり

現地時間の27日にヴェネチアで挙式したジョージ・クルーニーとアマル・アラムディン夫妻が、28日夫妻となって初めて公の場に姿を現した。

ジョージは、アルマーニのタキシードで挙式が行われたホテル入りする姿を公開しているが、アマルは前日に赤いドレスでバチェロレッテ・パーティを楽しんだ後、挙式翌日の28日午後2時50分ごろまで公の場に姿を見せておらず、ジョージの妻となって初のお披露目となる。

ジョージはシルバーのスーツにネクタイ姿にサングラス、アマルはイタリアン人デザイナーのジャンバティスタ・バリの白に花柄のドレス姿にサングラス姿で、“Amore”と刻まれた水上タクシーに乗り込み、ゲストがサンデーブランチを楽しむホテル・チプリアーニへと向った。ジョージはアマルを大切そうにエスコートし、愛おしそうに見つめ合いながら、終始笑顔で幸せいっぱいのふたりの様子がデイリー・メール紙などに掲載されている。

アマルが左手薬指につけていた7カラットのダイヤの婚約指輪は、ヨーロッパの慣習に従って右手に、左手薬指には全面にダイヤがあしらわれた細いラウンドリングが、ジョージの手にはホワイトゴールドの結婚指輪が光っていた。

ジョージは89年にタリア・バルサムと結婚するが93年に離婚。一生独身を宣言し、多くの女性たちと浮き名を流してきた。しかし、昨年9月に出会ったアマルには今年4月にプロポーズし、出会って1年あまりで電撃結婚した。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報