グウィネス・パルトロー、元夫の苗字を使ったイニシャル入りショーツ発売

離婚を発表したクリス・マーティンの苗字が入ったショーツを発売!
  • 離婚を発表したクリス・マーティンの苗字が入ったショーツを発売!

グウィネス・パルトローが、3月に離婚を明らかにした夫クリス・マーティンの苗字をいまだに使い、イニシャル入りのショーツを自身のウェブサイトgoopで発表したことで世間を驚かせている。

ライフスタイルを提唱する同サイトから発売したショーツは、レースのついたホワイト、グレー、ブラックの3枚組セットで、見本には“gkpm”というイニシャルが刺繍されている。このイニシャルは、グウィネスがクリスと結婚していた際に使用していたグウィネス・キャサリン・パルトロー・マーティン(Gwyneth Katherine Paltrow Martin)の頭文字を取ったものだというから驚きだ。

2児の親でもあるクリスとグウィネスはいい関係を続けているとはいえ、クリスはジェニファー・ローレンスと熱愛中で、なぜ今クリスの苗字を使用したのか物議をかもしている。ちなみにショーツのお値段は75ドル(約8100円)で、注文時に好きなイニシャルを入れることも可能だという。

「6月頃には、離婚解消かといった噂もあったくらいです。グウィネスにも彼ができたとの噂がありますが、今、最も旬なジェニファー・ローレンスとクリスが熱愛中なのは、グウィネスにとってはおもしろくないでしょう。また、子どもがいるにもかかわらずジェニファーにお熱なクリスに腹を立てているともいわれており、『まだ籍を抜いていない』というある種の警告かもしれません」と関係者がナショナル・エンクワイラー紙に語っている。【NY在住/JUNKO】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報