熊本のご当地グルメ、阿蘇「あか牛丼」は絶品!

「阿蘇あか牛丼」(1500円)はくず料理に使われる秘伝のタレが決め手
  • 「阿蘇あか牛丼」(1500円)はくず料理に使われる秘伝のタレが決め手

脂肪分控えめでヘルシー。それでいながら、和牛本来の風味を失わず、ジューシーで柔らかい。熊本のブランド牛、あか牛を使った「あか牛丼」が“阿蘇グルメ”として人気を博している。

「あか牛丼」といえば「いまきん食堂」と言われるほどの行列店が阿蘇市内牧にあるが、同じ阿蘇地方の南小国町も「あか牛丼」普及活動に積極的で、11月上旬には「あか牛丼」提供店が10店舗にまで増える勢い。これから激戦区になるであろう、南小国町のおいしい「あか牛丼」をここでは紹介したい。

蕎麦菜は風情を感じさせる店の佇まい。数々の料理コンクールで入選を果たしている腕利きの女性料理長が作る、繊細な“くず料理”が人気だ。「阿蘇あか牛丼」(1500円)は、お重のふたを開けると、薄くスライスしたもも肉でご飯を包むような盛り付けに。メインの“くず料理”に使う半年間寝かせた秘伝のタレが「あか牛丼」にもマッチ。味のオリジナリティーを出すことに成功している。これに季節の小鉢、くずきり麺、豆乳のくず蒸し、日替わりデザート、漬物がついてくるのだから、食欲を満たしてくれるのは間違いない。本葛と阿蘇小国ジャージー牛乳を使って作る「葛ロールケーキ」(300円、コーヒーセット550円)も同店の人気メニューなので、是非試してみてほしい。

地鶏の炭火焼 鳥王は、本社が肉の卸売業を行っていることもあり、「それぞれの部位に合う最高の調理法で提供する」と味への自信を隠さない。日本に数人しかいないという、アメリカ国務省推奨“フードマスター”の資格を持つ社長が作る「あか牛丼」は2種類。「阿蘇のあか牛変わり焼肉丼」(1300円)は、ご飯の上にあか牛のバラ肉を敷き詰め、白髪ねぎと自家製辛子マヨネーズをたっぷりかけていただくのだが、あか牛肉との相性がとにかく良い。「阿蘇のあか牛とろろ丼」(1300円)は、とろろご飯の上に薄切りの肩ロースを敷き詰めたシンプルな丼。南小国町のブルーベリーを煮込んで作るオリジナルソースと、とろろご飯のコラボが絶妙なハーモニーを奏でる。両方食べたいという人はプラス100円で、ハーフ&ハーフの「あか牛2食丼」にすることも可能。

最後に、南小国町総合物産館内にある食事処、総合物産館きよらカァサを紹介。あか牛を220g使った「阿蘇のあか牛欲張り丼」(1400円)は、大きな丼の真ん中に特製ソースで味付けしたあか牛ハンバーグがのっており、周りを囲むようにあか牛カルビが並ぶ、名前にふさわしいボリューム感!

「あか牛丼」は2013年あたりからメディアで取り上げられ始め、一気に知名度が上がった。だが、それに満足することなく提供する各店が工夫を凝らし、さらなる発展形を目指している。熊本が全国に誇れるご当地グルメを食べるために、南小国まで足を運ぶことをおすすめしたい。【福岡ウォーカー】

※「Walker47」熊本県小国郷エリア地域編集長の記事から一部抜粋、再構成したものです

■蕎麦菜
住所:熊本県阿蘇郡南小国町赤馬場3220-3
電話:0967-42-1755
時間:11:00~18:00
休み:不定休

■地鶏の炭火焼 鳥王
住所:熊本県阿蘇郡南小国町赤馬場1561-1
電話:0967-42-1787
時間:平日17:00~25:00、土日祝11:00~25:00
休み:なし

■南小国総合物産館 きよらカァサ
住所:熊本県阿蘇郡南小国町赤馬場1789-1
電話:0967-42-1213
時間:11:00~15:00
休み:12月31日(水)、2015年1月1日(祝)

キーワード

[PR] おすすめ情報