『リュウグウノツカイ』のウエダアツシ監督「たった6人のスタッフでも映画は作れる」

第4回日本学生映画祭のシンポジウムが開催
  • 第4回日本学生映画祭のシンポジウムが開催

現在、開催中の第27回東京国際映画祭の提携企画である第4回日本学生映画祭のシンポジウムが、10月26日にTOHOシネマズ日本橋で開催。第26回東京学生映画祭実写部門グランプリ受賞作『ふざけるんじゃねえよ』 の清水俊平監督、第8回TOHOシネマズ学生映画祭ショートフィルム部門グランプリ受賞作『ぼっち』の登り山智志監督、『リュウグウノツカイ』 (11月8日より大阪・京都・渋谷で順次拡大上映)のウエダアツシ監督、俳優で映画監督でもある前野朋哉が登壇し、映画制作の魅力と裏側についてクロストークを行った。

ウエダ監督は、登壇した2人の学生監督の2作を見た感想をこう述べた。「『ぼっち』は、今の高校生の問題を取り上げている。好感が持てるし、評価されるべき映画。『ふざけるんじゃねえよ』は、全体を通して作品の世界観が一貫している。話も在日の、アイデンティティの問題を描いていて、それぞれの立場の憤り、やるせなかさ、切なさを感じられて面白かった」と評価。登り山監督は「もっとけなされるんかと思ってたけど、ほめていただいてうれしいです」と笑顔でコメント。

清水監督は最初に海運会社に就職し、サラリーマンをやっていたそうで「でも、その経験はすごく活かされてはいると思う。ずっと満員電車で会社へ行くってことを経験していなかったら、描けなかったこともある」と、感慨深い表情を見せた。

ウエダ監督は自身の学生時代と今の環境との違いについて、「僕が当時撮っていた時代は、8mmビデオだった。今は、芸大だとカメラマンを育成するプログラムがあり、プロの機材を使えたりするし、一般のホームビデオもクオリティが上がっている。また、youcubeという公開の場もあるから、誰でも映画を作れるし、誰でも監督になれるんじゃないかと」と話し、幅広い可能性について言及。

また、ウエダ監督は『リュウグウノツカイ』の撮影裏話も披露。「撮影、録音、照明、メイク、僕とプロデューサーの6人だけで撮りました」と言うと、前野が「長編を6人で撮るのは、なかなかない!」と驚いた。ウエダ監督は「撮影期間は7日間で、死ぬかと思いましたが、6人でも映画が作れるんですよという良い例になりました」とコメント。さらに「監督って、才能はあると思いますが、あとは人との出会い。監督業って、プロデューサーが誰と組みたいかという話でもあるので、それぞれのアピールポイントをどんどん磨いていって、準備をしておくことが大事なのかなと」と、学生監督2人にアドバイスを送った。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報