映画やエロメールも添削します!? “赤ペン瀧川先生”の新番組がスタート!

新番組「赤ペン瀧川先生のなんでも濃いや」に出演する瀧川英次先生と初回ゲストの倉持由香、森下悠里、橋本マナミ、小林恵美(写真左から)
  • 新番組「赤ペン瀧川先生のなんでも濃いや」に出演する瀧川英次先生と初回ゲストの倉持由香、森下悠里、橋本マナミ、小林恵美(写真左から)

“何でも添削家・赤ペン瀧川先生”による新番組が、11月4日(火)よりテレ朝動画で始まることが分かった。「赤ペン先生のなんでも濃いや!」と題し、濃いゲストを招いて“赤ペン先生”瀧川英次が笑いと魅力を引き出していく。

同番組は、'14年6月までテレ朝動画で配信されていた「赤ペン瀧川先生の配信大学」のリニューアル版。“濃い”ネタ満載のエキセントリックなゲストに対し、“何でも来いや”の精神で、瀧川先生がトークを繰り広げる。 言いたいことを言い、やりたいことをやるゲストたちを相手に、時には動揺しながらも見事なトーク術で場を仕切り、笑いと魅力を巧みに引き出す瀧川先生。ユーティリティータレントとして期待される赤ペン瀧川先生の新境地となりそうだ。

瀧川は俳優でありながら、「何でも添削家・赤ペン瀧川先生」としても活動中。スライドショー形式で、映画やエロメールなどさまざまな物事を添削することで人気を博している。今回の新番組では、濃いエピソードを持った濃いゲストたちを迎え、瀧川先生がその熱波に巻き込まれつつ、笑いと魅力を最大限に引き出していく。11月4日(火)配信の初回は「アラサーグラドルたちの新しい肩書きを作ろう!」と題し、芸能界での生き残りに必死な(?)“アラサーグラドル”森下悠里、小林恵美、橋本マナミと、“尻職人”として若手有望グラドルの倉持由香がゲストに登場。行き詰まった現状を打破すべくやってきたアラサーグラドルたちは、「芸能界で生き残るためには新しい方向性が必要!」ということで各自が考案した「新しい肩書き」を赤ペン瀧川先生に添削をしてもらうことに。ところが、そのあまりの必死なアピールと痛々しいエピソードに瀧川と倉持は動揺を隠せない…。果たしてどんな肩書きが誕生するのか、いろんな意味で注目が集まる。

瀧川先生は「おらおらおらー! ついに新番組スタート! どんなゲストが来るのか!? 何のトークが飛び出すのか!? 先生の身に何が起こってしまうのか!? もー、迷走爆走なんでも“濃い”やぁ! ぜひお楽しみに!」と、若干“添削が必要な”テンションで、意気込みを語った。

「赤ペン先生のなんでも濃いや!」
11月4日(火)スタート
毎週火曜夜6:00よりテレ朝動画にて更新予定
【HP】www.tv-asahi.co.jp/douga/akp_comeoneverybody

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報