庵野秀明が自身のキャリアを振り返る!【短編作品編】アニメ&特撮への恩返しと新作製作への意欲を語る!Part2

今回の特集上映で「改めて次が作れる気分になった」と語った庵野秀明
  • 今回の特集上映で「改めて次が作れる気分になった」と語った庵野秀明

(【短編作品編】Part1からの続き)

【庵野の結婚披露宴での宮崎駿のスピーチ】

氷川「松たか子さんのシングル『コイシイヒト』のプロモーションビデオは実写ですが…」

庵野「これは松さんの事務所からやってほしいとオファーがあって。松さんに猫を抱えて立ってもらって、『いろいろやってください』と。注文はそれだけです。猫にした理由は僕が好きだから(笑)。いま見ると、飼ってる猫にそっくりですね」

氷川「『コイシイヒト』の次は『まほろまてぃっく』のオープニング」

庵野「これもやっぱり会社に頼まれて。絵コンテだけでも良いからやってよと。摩砂雪だけが大変なところをやってましたね。本編は見ていません(笑)。その次の『アニメ店長』のPVはムービックからオファーが来て、今石(洋之)がやるなら僕もやるという感じでした。今石に事実上の監督みたいなものをやってもらいたくて。今石が島本(和彦)の大ファンなんですよ。最初にサンシャインのところに着地して、池袋のアニメイトまで走っていくカットは、今石が自分でそれをイメージしながら実景を撮ってました。僕がやったのは『仮面ライダー』風のナレーションのところだけ。島本は『仮面ライダー』が好きだから、ライダー風にしとこうと」

氷川「次の『流星課長』ですが、あれは『Grasshoppa!』というビデオマガジンですか?」

庵野「そうです。僕はしり先生(しりあがり寿)の『流星課長』がすごく好きだったので、これをやりたかった。僕の初の特撮作品なんですよ。全体的にCG使ってますけど、特撮です」

氷川「この頃、庵野さんにお会いしたときに『芸風を変えた』と仰っていましたが、そういう意識もあったんですか?」

庵野「あまり考えないで、マンガっぽくいきたかった。『エヴァ』は辛気臭いじゃないですか。ああいうのではなくて、最後にみんなでワーっと踊って終わる。楽しいエンディングをやりたかったんですね」

氷川「次がですね、今回僕が感激したジブリ美術館の『空想の機会達の中の破壊の発明』」

庵野「これは宮さん(宮崎駿)がパッと僕の名前が思いついたようで。それで呼び出しをくらって、これをやれと企画書を渡された。ちょうどそのとき、僕は結婚することが決まっていたんです。なので、宮さんが披露宴の主賓でスピーチしてくれるんだったらやります、と(笑)。だからこの企画はバーターなんです。でもこのスピーチがまた長くてですね(笑)。僕が風呂に入らないとか、ゴキブリと一緒に寝てたとか、余計なことばっかり言っていて…。頼むんじゃなかったと思いました(笑)」

氷川「次はかなり異色で、映画『恋の門』の劇中アニメ『不可思議実験体ギバレンガー』」

庵野「この絵コンテは松尾さんが描いてます。松尾さんから『できるだけ昔のアニメっぽいものにしてほしい』と言われました。下手なほうがいいみたいで。僕も下手に書いたんですけど、ダメでした。どこかに僕の意図が出ちゃいましたね」

氷川「『ギバレンガー』も貴重な映像でしたが、奥様(安野モヨコ)の『シュガシュガルーン』も貴重というか…」

庵野「奥さんの漫画のアニメ化が決まったときに、オープニングとエンディングは旦那の僕がやっておこうと。本編は時間との戦いがありますから、クオリティの上がり下がりがあったんですけど、オープニングとエンディングだけはなんとかしたかった」

氷川「エンディングは色がモノトーンで、線画の世界ですよね」

庵野「できるだけ奥さんの漫画の世界を画面に出したかったんです。あれが一番原作に近くて、いいものになっているかな」

氷川「次は『スカイ・クロラ』の予告編なんですけど、本編予告とは違う『庵野秀明監督バージョン』ということですが…」

庵野「『エヴァ』をやっている最中でしたけど、頼まれたので編集だけでいいならやりますよと。この予告を見たらおもしろそうですよね?でも、だまされちゃだめですよ(笑)。編集は奥田(浩史)とやったんですが、聞いた話だと、この予告を見た押井(守)さんは編集“を”褒めたそうですね。そんなに押井さんをディスるつもりはないんですけど、おもしろい人ですよね(笑)」

【恩返しのために手がけた作品と特撮博物館】

氷川「続いて『監督失格』。これはちょっと変わり種です」

庵野「テレビ版の『エヴァ』が終わって、僕がボロボロになっていたときに平野(勝之)監督の『自転車不倫野宿ツアー 由美香』という映画を観て、すごく勇気づけられたんです。妙な感じですけど自分が救われた気がしたんです。平野さんが映画を撮れなくなっていると聞いて、その恩返しに経済的にも精神的にも応援しましょうと」

氷川「特撮博物館がらみの作品もあります。まずは特撮博物館について、庵野さんの取り組みを教えてください」

庵野「特撮はもう“終わり”なんですよ。このままだと本当に全部なくなってしまうので、何とか残せるものは残したい。そういう気持ちでジブリの鈴木(敏夫)さんに相談したら、『東京都現代美術館で毎年ジブリ関係の展示をしているんだけど、再来年は何もないから特撮をやったら?』というお話をいただいて、動き出した感じですね」

氷川「今回の特集上映のトリになった『巨神兵東京に現わる 劇場版』なんですけど、これについても庵野さんの関わり方を教えてください」

庵野「予算折衝とか、プロデューサーの役割が大きいですよね。『エヴァ』で忙しかったんですが、巨神兵の光線は担当しました。巨神兵が最後に打つビームは、宮さんのオリジナルのレイアウトをそのままトレースしている。だから、あそこの光学作画は宮崎駿なんです。まあ『ルパンの最終回と同じじゃん!』と思いますけどね(笑)」

氷川「今回の特集上映の全体を振り返って、いかがでしたか?」

庵野「僕は妙なことを本当にいろいろとやっていますよね。特撮と奥さんがどれだけ好きなんだと(笑)。あと、なんで島本の作品をこんなにやってたんだろう…。今回は、高校2年のときから54歳のいまに至るまで、僕が関わったり、作ったり、描いてきた作品をほぼ可能な限り網羅して上映させていただきました。できるだけ同じことをしたくない、どこか少しでも前と違うことをしたい、という気持ちが毎回あります。今回まとめて見直して、改めて次が作れる気分になったのはよかったですね。これからも頑張っておもしろいものを作っていきたいですし、アニメーションや特撮に関して恩返しをしていきたい。今回はみなさん、本当にありがとうございました」

【取材・文/トライワークス】

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報