若手スターのローガン・ラーマンと恋に落ちた美女の正体は?

ロンドン国際映画祭に登場したドイツの若手女優アリシア・フォン・リットベルク
  • ロンドン国際映画祭に登場したドイツの若手女優アリシア・フォン・リットベルク

第二次世界大戦下のヨーロッパ戦線を舞台に、たった1台の戦車でドイツ大軍を相手に戦い抜いた、5人の兵士たちの絆を描く戦争アクション大作『フューリー』が、11月28日(金)より公開される。10月17日に全米で公開され、初登場1位の大ヒットを記録。ブラッド・ピットの1年3か月振り、10度目の来日も決定している。

今回、本作にてローガン・ラーマン扮する新兵と恋に落ちるヒロイン役を務めたアリシア・フォン・リットベルクの、ロンドン国際映画祭レッドカーペット登場写真と劇中場面写真が公開となった。同映画祭クロージングイベントでの『フューリー』ワールドプレミア上映に、主演のブラッド・ピットらとともにヒロイン・エマ役アリシア・フォン・リットベルクが登場。華やかなドレスに身を包んだ彼女はドイツ出身の21歳で、ハリウッド映画は本作が初出演となり、ドイツ映画界の新星として今後の活躍が期待される女優だ。

ウォーダディー(ブラッド・ピット)率いる戦車小隊に制圧された北ドイツの小さな村。制圧後、ウォーダディーに連れられたノーマン(ローガン・ラーマン)はアパートメントの一室に踏み込む。そこにドイツ兵の姿はなく、逃げ遅れた未亡人のイルマ(アナマリア・マリンカ)とその従妹エマが隠れていた。ウォーダディーは脅える2人を気遣いながら、料理を作ってくれるように新鮮な卵とお礼の煙草を差し出す。ノーマンが部屋にあったピアノを見つけ、譜面を見ながら弾き始めると、その調べに歌を重ねるエマ。同世代のふたりは瞬く間に打ち解け、互いに好意を抱く。ノーマンは言葉の通じないエマに、祖母から教わった手相占いで彼女の将来を占う。「きっと君は素敵な人に出会うはずだ」と囁くノーマンに、エマは微笑みを返す。

戦場でのほんのひと時の安らぎの時間。戦争という容赦ない運命は、ノーマンとエマにどんな試練を与えるのだろうか。短くせつない彼らの恋愛も見どころのひとつだ。【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報