“モノ”作りに役立つ!?クリエイティブな番組案内

11月8日(土)放送の「SWITCHインタビュー 達人達」(NHK Eテレ)は、 佐藤健と脚本家・木皿泉(和泉務・妻鹿年季子夫妻)が対談。このほか、表現にまつわる計14番組をピックアップ
  • 11月8日(土)放送の「SWITCHインタビュー 達人達」(NHK Eテレ)は、 佐藤健と脚本家・木皿泉(和泉務・妻鹿年季子夫妻)が対談。このほか、表現にまつわる計14番組をピックアップ

動画サイト出身のスターの誕生や3Dプリンターの普及など、“コンテンツ”を作る、“モノ”を作るという行為に注目が集まっている昨今、「クリエイト」をキーワードにテレビ番組を紹介。11月8日(土)から1週間、アーティストやクリエーターに関連する番組をピックアップした。

■11月8日(土)

・「SWITCHインタビュー 達人達」(夜10:00-11:00 NHK Eテレ)

佐藤健と脚本家・木皿泉(和泉務・妻鹿年季子夫妻)が対談。木皿の大ファンという佐藤が、兵庫・神戸の木皿家を訪ねる。「書き手」と「演じ手」がドラマの表と裏を語り尽くす。

・「クロスロード」(夜10:30-11:00 テレビ東京系)

俳優であり、ミュージシャンでもあり、バラ江ティーやラジオパーソナリティーもこなし、音楽研究家にして作家の顔も持つ、マキタスポーツに密着する。

・「心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU」(夜11:00-11:30 日本テレビ系)

アコースティック・ギターデュオ、ゴンチチの魅力に迫る。ほか、東京・八王子にあるごく普通の一軒家が世界の音楽ファンの注目を集めている理由に迫る。

・「浦沢直樹の漫勉」(深夜0:00-1:00 NHK Eテレ)

人気漫画家・かわぐちかいじと山下和美の作画現場に潜入・密着撮影し、漫画誕生までの創造現場の様子を伝える。ナビゲーターは、同じ漫画家の浦沢直樹が務める。

■11月9日(日)

・「“伝説”の映像作家 佐々木昭一郎 創る現場」(昼4:00-5:30 NHK BSプレミアム)

是枝裕和、河瀬直美など現代日本映画を率いる監督たちに大きな影響を与えてきた映像作家・佐々木昭一郎。これまでベールの中に隠されてきた彼の創作過程を明らかにしていく。

・「COOL JAPAN~発掘!かっこいいニッポン~『おもちゃ』」(夜6:00-6:45 NHK BS1)

外国人の日本土産として人気のカプセルトイ。ヒットを連発する会社を訪ね、企画会議の様子を紹介する。ほか、線香花火の工房で、熟練職人の仕事ぶりを取り上げる。

・「オモクリ監督~O-Creator's TV show~」(夜9:00-9:54 フジテレビ系)

ゲスト監督にロバート・秋山竜次、シソンヌ・じろうを迎え、「旅」をテーマにした制作した面白いVTR“オモブイ”を披露していく。

■11月10日(月)

・「TOKYO DESIGNERS WEEK.tv」(夜11:00-11:54 BS日テレ)

ファッションデザイナーのコシノジュンコさんの発想の種に迫る。国内外のデザインが結集した「東京デザイナーズウイーク2014」の模様も紹介。

■11月11日(火)

・「すてきな写真旅2~一眼レフと旅にでよう~」(夜8:00-8:54 BS11)

世界遺産である東照宮をはじめ歴史の息吹を感じる日光へ、とよた真帆とプロ写真家・熊切大輔氏が写真旅に出掛ける。熊切氏が、とっておきの撮影テクニックを披露するコーナーも。

■11月12日(水)

・「アイ・アム・冒険少年」(夜11:53-0:38ほか TBS系)

沖縄・西表島で巨大ザメの捕獲に挑戦し、生物研究家・吉田賢治氏の頭骨標本作りに密着する。

■11月13日(木)

・「プレバト!!才能ランキング」(夜7:00-8:54 TBS系)

「陶芸の才能査定ランキング」では、陶芸初心者の出演者に自宅に飾りたい花瓶を製作してもらい、その出来栄えをプロの目で評価してもらう。ほか、「いけばなの才能査定ランキング」も。

・「亀田音楽専門学校」(夜11:00-11:30 NHK Eテレ)

ゲスト講師はゴスペラーズ。今回のテーマは「ハモハモ大作戦」。ハーモニーやコーラスがJ-POPにおいて、どういった仕組みになっていて、どんな効果をもらたしているのかを考察する。

■11月14日(金)

・「THE歴史列伝~そして傑作が生まれた~」(夜10:00-11:00 BS-TBS)

今からおよそ330年前、男女の情交を描き、世の話題をさらった文芸作品「好色一代男」。日本初のベストセラー作家となった井原西鶴の謎と波乱に満ちた人生をたどる。

・「宮崎美子のすずらん本屋堂」(夜10:00-11:00 BS11)

宮崎美子による本のナビゲート番組。小説家・西加奈子氏に、自身の作家生活10周年記念作品「サラバ!」(小学館)について語ってもらう。

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報