神木隆之介の猟奇的な目にゾクッ…簡単に人を殺すキレ具合が凄まじい!

抜群の知力と体力を持つ天谷武を演じる神木隆之介。狂気をはらんだ目が怖い!
  • 抜群の知力と体力を持つ天谷武を演じる神木隆之介。狂気をはらんだ目が怖い!

突如不条理なゲームに巻き込まれた高校生たちが命を懸けて戦う新感覚スリラー『神さまの言うとおり』(11月15日公開)。主演の福士蒼汰をはじめ、山崎紘菜、優希美青、染谷将太ら若手俳優が競演するなかで、独特の存在感を放っているのが神木隆之介だ。血も涙もないその“猟奇的な”役どころが見事にハマっている。

神木が演じているのは、ケンカでは負け知らずの不良・天谷武。いとも簡単に人が死ぬこの世界を「待っていた!」と喜ぶ、狂気を秘めた人格の持ち主だ。同級生の首をへし折ったり、生贄を差し出したりと、この惨劇を楽しみ、平気で人を殺していく。その一方で、冷静な判断力も併せ持ち、正義感の強い主人公・瞬に「お前は俺と同じニオイがする」と意味深なセリフを発することも。天谷は、単なる異常者とは言い切れない、物語の行方を左右するキーパーソンでもあるのだ。この天谷について、神木は「ただ睨んだり怖い顔をするだけじゃダメで、本当に人を憎んだり見下していないとゾクッとさせられない」とこの役の難しさを語っている。

改めて振り返ってみると、11歳で出演した『お父さんのバックドロップ』(04)で注目されて以来、神木は途切れることなく、映画・ドラマ・声優業にと躍進し続けている。2歳から子役として活動していた彼は、現在21歳にして芸歴19年(!)のベテラン俳優。特に近年は、『劇場版 SPEC』シリーズや『桐島、部活やめるってよ』(12)の出演に続き、『るろうに剣心 京都大火編』(14)、『~伝説の最期編』(14)の宗次郎役でも鮮烈な印象を残している。さらに15年公開となる『バクマン。』の主演や『脳内ポイズンベリー』など出演が決定しており、その勢いは増すばかりだ。

今回、監督・三池崇史とは10年前の『妖怪大戦争』(05)以来となった神木。三池監督は「子供ながらに役者になるために生まれてきたかのような迫力を感じた」と当時を振り返っており、俳優・神木隆之介の並々ならぬ才能を裏付けている。いまや押しも押されぬ“実力派”俳優として立派に成長した神木から今後も目が離せそうにない。【トライワークス】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報