同級生の不可解な死から始まる本格ミステリー!『ソロモンの偽証』予告編が解禁

主演・藤野涼子と神原和彦役の板垣瑞生が強いまなざしで正面を見据える!
  • 主演・藤野涼子と神原和彦役の板垣瑞生が強いまなざしで正面を見据える!

ベストセラー作家・宮部みゆきの傑作「ソロモンの偽証」を、日本アカデミー賞ほか主要映画賞30冠を受賞した『八日目の蟬』(11)の成島出組が再結集し、完全映画化。15年3月7日(土)より『ソロモンの偽証 前篇・事件』、15年4月11日(土)より『ソロモンの偽証 後篇・裁判』が順次公開される。

1万人にも及ぶ候補者からオーディションで中学生キャスト33人が選ばれ、先日、その中から主演の新人女優が発表されたことでも話題を呼ぶ本作。この度、そんな彼らの演技がいち早く見られる予告編が解禁となった。

到着した予告編は、“クリスマスの朝、クラスメイトの遺体が発見された”という衝撃の事件から始まる。自殺と断定されたはずの事件が3通の告発状によって一変し、物語は大きく動き出す。マスコミは過熱し、学校と親は混乱する中、新たな事件が起こる。疑い、戸惑いに翻弄された学生たちは、前代未聞の校内裁判を開廷することを決意。“嘘つきは、大人のはじまり”。そこに秘められた“嘘”とは一体なんなのだろうか。

同時に解禁されたメイン写真は、本作の役名と同名でデビューすることが決まった主演・藤野涼子と神原和彦役の板垣瑞生が、強いまなざしで正面を見据える印象的なビジュアルだ。また、“大人”である保護者や教師に、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世、黒木華、尾野真千子らが名を連ね、成熟した演技を見せる。

前篇、後篇からなる本作。一体どのような“事件”が起こり、“裁判”に発展するのか、想像を掻き立てる内容に続報が待たれる!【Movie Walker】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報