大阪・なんばに日本最大級のイルミ光の滝が登場

なんばパークスの円形劇場に登場した「天空の庭」は音に合わせて光が変化
  • なんばパークスの円形劇場に登場した「天空の庭」は音に合わせて光が変化

大阪・なんばで、市内最大級のクリスマスイルミネーション「なんば光旅」が11月8日(土)より開催される。

約65万球のLEDを使用し、なんばパークスから高島屋大阪店のある南海ビル周辺まで、なんばの中心地一体が幻想的な光に包まれる様子は圧巻。観覧無料のイルミネーションとしては、大阪市内最大級の規模だ。イベント初日には点灯式が開催され、レゲエ界No.1シンガーのPUSHIM(プシン)や、シンガーソングライターのTEE(ティー)によるスペシャルライブも実施される。

ビッグスケールで開催されるイルミネーションイベントだが、特に注目したいのは「なんばパークス」のパークスガーデンを舞台とした「光の杜」だ。初登場となる円形劇場の広大な「天空の庭」では、音に合わせて光が変化するファンタジックな世界を体験できる。イルミネーションで飾られた舞台中央に入ることも可能なので、きらめく光に包まれて記念撮影がおすすめ。また、日本最大級の規模を誇る「光の滝」や、約7年ぶりの復活となる「パークスムーン」での映像演出も幻想的で見逃せない。なんばパークス全体では、約40万球のイルミネーションが点灯する。

ほかにも、「なんばカーニバルモール」では銀河系の世界をテーマにした、ストーリー仕立てのイルミネーション、「なんばCITY」ではミラーボールアーティストKALA(カラ)とコラボした煌びやかなイルミネーションなど、まだまだ見どころ満載。

周辺では、ひと足早くクリスマスムードを盛り上げる「スイスホテル南海大阪」のチョコをテーマにしたツリーをチェック。全長3mのツリーをスイス産のチョコでコーティングし、クッキーなどのクリスマス菓子で飾ったロマンチックな装飾だ。チョコレートツリーの甘い香りも魅力的。

さらに年明けには、通称“ウラなんば”といわれる、難波の裏通りにあるエリアの飲食店とコラボした初の屋台イベント「星空スタンドinなんば光旅」も2015年1月17日(土)より登場する。イルミネーションに包まれながら堪能するウラなんばの個性溢れるグルメは、楽しい気分を一層盛り上げてくれる。

冬の風物詩となった、なんばの街全体を巻き込んだイルミイベント。エリアによってはお正月、バレンタインデー時期まで開催されるものもあり、嬉しい限り。幻想的な光やオブジェに包まれた夜の街は、何度も訪れたくなりそう!

■なんば光旅
期間:2014年11月8日(土)~2015年2月15日(日) ※一部施設を除く
時間:17:00~終了は施設により異なる
場所:南海ビル、南海なんば駅西口広場ほか、なんばパークス(パークスガーデン、キャニオンストリートほか)、なんばカーニバルモール、なんばCITY(地下1Fガレリアコート)、高島屋大阪店(8F屋上ガーデン)、スイスホテル南海大阪(6Fロビー、6Fスイスグルメ前)

■なんば光旅点灯式
日時:2014年11月8日(土) 18:00~約50分間
会場:なんばパークス2F グレイシアコート特設ステージ

キーワード

[PR] おすすめ情報