キレイをずっとキープ!赤ワインの驚き成分とは?

ポリフェノールがたっぷり入ったワインは1日2杯が体に良い目安
  • ポリフェノールがたっぷり入ったワインは1日2杯が体に良い目安

11月20日(木)、ボジョレーヌーボーが解禁!一般的に“ワインは体に良い”といわれているが、果たして本当なのだろうか?アメリカ・ハーバード大学などの医学部客員教授として活躍している、医師で医学博士の根来秀行氏にワインの効用について聞いた。【東京ウォーカー】

――ワインが体に良いって本当ですか?

「そうですね。特に赤ワインには、フラボノイド、アントシアニン、カテキン、タンニン、レスベラトロールなどのポリフェノールが多く含まれており、強力な抗酸化力があります。白ワインにも入っているのですが、測定すると10分の1程度しかありません」

――抗酸化力についてもう少し詳しく教えてください。

「よく“体が錆びる”という表現をしますが、これは人間の体が酸化していくことを意味しています。つまり老化ですね。人は酸素を吸ってエネルギーに変えて生きているのですが、その過程でフリーラジカル(活性酸素)を作り出します。フリーラジカルが増えると、細胞膜を傷つけたり、細胞の中の遺伝子やミトコンドリア(エネルギー産生工場)を傷つけたりします。これが老化の原因の一つです。ポリフェノールにはフリーラジカルの動きを中和させる力があると言われています。この力が抗酸化作用です」

――アントシアニンやカテキンなどは聞いたことはありますが、レスベラトロールは初めて聞く名前です。

「たくさんあるポリフェノールの一種です。近年分かってきたのですが、レスベラトロールには長寿遺伝子をONにする効果があると言われています。さらに、長寿遺伝子には、ただ寿命を延ばすだけでなく、若さを保ったまま長生きする要素があり、“アンチエイジング”にもつながると期待されています。レスベラトロールは1日6mgくらいの摂取が必要とされていますが、赤ワインには1本あたり0.2mgから0.58mg程度と少量しか含まれていないようです」

――非常に少ないですね。

「レスベラトロールだけだとそう思われるかもしれません。ですが、ポリフェノール全体ではそれなりの量が含まれており、それらにはとても強い抗酸化力があります。1日2杯摂取すると痛風が抑えられた、といった研究結果も報告されています。とはいえ、食物繊維が豊富な野菜をしっかりと取り、バランスの良い食事を心がけ、食事と一緒においしく楽しみましょう」

■プロフィール
根来秀行(ねごろ ひでゆき)
東京都出身。ハーバード大学医学部客員教授。世界5ヵ国の大学で研究を進め、臨床・研究・医学教育の分野で活躍中。「身体革命‐世界最先端のアンチエイジングの法則」「眠っているうちに病気にならない体をつくる本」(角川マーケティング)など著者も多数。2014年11月14日(金)に「ホルモンを活かせば、一生老化しない」(PHP研究所)を上梓。

キーワード

[PR] おすすめ情報