400年前の雅な世界!京都市内で日本最大の花展と100人の大行列

華やかな振袖姿の女性など約100人が行列をなす「池坊旧七夕会 花行列」
  • 華やかな振袖姿の女性など約100人が行列をなす「池坊旧七夕会 花行列」

江戸時代から続く、日本最古の花展「旧七夕会池坊全国華道展」が京都市内の2会場で11月12日(水)、14日(金)よりそれぞれ開催される。

会期中、2会場の総作品数は約1600点にのぼり、そのスケールは日本最大級。家元池坊専永、次期家元池坊由紀による日本最高峰の大作から、新進気鋭の華道家によるものまで「花逍遥」をテーマにした優美な世界観に引き込まれる。全国で活躍する華道家たちによる「風」「光」「土」「水」をイメージした数々の作品は見応え十分。いけばなから溢れる自然の美しさ、豊かさを感じ取りたい。

さらに、この花展にまつわる行事とし、神輿などを中心に、華やかな振袖姿の女性など約100人が行列をなす「池坊旧七夕会 花行列」が、同京都市内で11月15日(土)に開催される。

池坊短期大学より烏丸通をとおり、いけばな発祥の地六角堂まで、およそ600mにわたり披露される大行列は、約400年前の風雅を表したもの。高さ約3mの花神輿、花車を中心とし、20代の若手華道家より選抜された花行列代表の通称“旧七夕姫”など、約100人がお練りを行う様子は現代とは思えないほど優雅で美しい。400年続く歴史の一幕に立ち会える貴重な機会、ぜひ間近で体験してみたい。

■旧七夕会池坊全国華道展 ※2会場にて開催
会場:京都高島屋グランドホール7F
期間:2014年11月12日(水)~17日(月)
時間:10:00~20:00 ※13、15、17日は18:00閉場

会場:池坊(家元道場、本館4~7F、WEST18 7F)
期間:2014年11月14日(金)~17日(月)
時間:9:00~17:00

■池坊旧七夕会 花行列
開催日:2014年11月15日(土)  ※小雨決行
時間:13:00~14:00
場所:四条通「池坊短大」から烏丸通「六角堂」

キーワード

[PR] おすすめ情報