福士蒼汰、ギネス世界記録を樹立!

360人との「だるまさんが転んだ」でギネス世界記録を達成した福士蒼汰
  • 360人との「だるまさんが転んだ」でギネス世界記録を達成した福士蒼汰

金城宗幸原作・藤村緋二の人気コミックを福士蒼汰主演で映画化した『神さまの言うとおり』(11月15日公開)のギネス挑戦イベントが、11月11日にZepp東京で開催。インターネット応募の抽選で、1万人の中から選ばれた360人の女性と福士が、全員で「だるまさんが転んだ」にトライ。見事に達成した福士は「初ギネス、とりました!ありがとうございます!」と笑顔を見せた。

『神さまの言うとおり』は、何者かに仕掛けられた、命懸けのゲームに巻き込まれた高校生たちを描く、サバイバルストーリー。本作にちなみ、福士たちは、今回「最大のだるまさんが転んだ」に挑むこととなった。無事にゲームが終了すると、福士は「少年の頃に戻ったようなドキドキ感がありました。楽しかったです。ありがとうございます!」と満面の笑顔を見せた。

ギネス記録のゲームが終了後は、さらに◯☓ゲームの「福士蒼汰様、争奪クイズ」が決行。勝利者は、イベント終了後に、福士の楽屋を訪問し、映画のスペシャルアイテムをプレゼントされるということで、参加者は大興奮!福士のデビュー日や、映画出演の本数、今日食べた朝食などを問うクイズを見事にクリアした勝者は「すごくうれしいです」と感激しきりだった。

その後、ギネス公式認定員が、ギネス世界記録に認定したことを発表。福士は「やったあ!初ギネス!ありがとうございます!みなさんのおかげで達成することができました」と参加者と共に喜びを分かち合った。最後に、福士は「イベントも大成功ですし、映画の方も、大ヒットするために、みなさんに協力してもらいたいと思います」と、笑顔で会場に訴えかけた。【取材・文/山崎伸子】

キーワード

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報