宮沢りえ、感激の涙止まらず!吉田大八監督からの手紙に「言葉になりません」

宮沢りえ、感激のあまり涙止まらず!
  • 宮沢りえ、感激のあまり涙止まらず!

第27回東京国際映画祭で観客賞と最優秀女優賞を受賞した『紙の月』が11月15日に公開初日を迎えた。丸の内ピカデリーで行われた初日舞台挨拶には、7年ぶりに映画主演を務めた宮沢りえをはじめ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正、小林聡美、吉田大八監督が登壇。吉田監督から感謝の手紙を送られた宮沢が、美しい涙を流した。

角田光代のベストセラー小説を映画化した本作。平凡な主婦が起こした巨額横領事件の顛末を描く。宮沢は「『やっとこの日を迎えられた』という興奮が、体中を漂っています」と、初日を迎えたことに感激の面持ち。「人生が音楽だとすると、『紙の月』との出会いは、貴重で大切な一小節になりました。監督、ありがとうございました」と挨拶した。

サプライズとして、吉田監督から主演の宮沢に手紙が贈られたこの日。手紙があることを知らされた宮沢は「ええ⁉︎」と驚きの声を上げ、早くも瞳を潤ませて、紅潮した頬を手であおいだ。吉田監督は手紙を読み始め、「1年前、この映画はつぶれるだろうと思っていた。あなたがオファーを受けてくれたことで、なぜか映画がみるみる形をなしていき、その運命は大きく変わりました」と宮沢に伝えた。

さらには「あなたが映画に、自分のすべてを惜しみなく捧げるのを見た。肉離れを起こした足を引きずりながら、走り続け、現場の雰囲気を引っ張ってくれたのはあなた」と撮影を述懐。また映画のプロモーション取材を受けるなかでも、宮沢は「女優とは思えないほど、不器用で必死に質問に答えていた」そうで、「撮影のときと同じく、この映画を大切に思ってくれていることを感じた」と宮沢の本作への魂の注ぎこみ方に驚いたという。

最後には「宮沢さん、またいつか一緒にもっと大きなものを捕まえる旅に出ましょう」と心のこもったラブコールで手紙を締めくくり、吉田監督と宮沢は固く抱擁を交わした。コメントを求められると宮沢は「言葉になりません」と首を振り、「本当に忘れられない日になりました。こういうのを感無量っていうんですかね」と喜びをかみしめた。スクリーンに7年ぶりに戻り、難役を演じきった女優・宮沢りえに、会場からも惜しみない拍手が送られていた。【取材・文/成田おり枝】

キーワード

関連記事

このニュースで紹介された映画

[PR] おすすめ情報