上野樹里「ウロボロス」で初の刑事役!W吉田も登場

1月スタートのドラマ「ウロボロス」の追加キャストが発表。上野樹里が初の刑事役でヒロインを演じる
  • 1月スタートのドラマ「ウロボロス」の追加キャストが発表。上野樹里が初の刑事役でヒロインを演じる

生田斗真が主演し、小栗旬と8年ぶりに連続ドラマでタッグを組むドラマ「ウロボロス」('15年1月スタート、TBS系)。生田斗真が演じる龍崎イクオのもう一人の相棒・日比野美月役を誰が演じるのか、第一報以降さまざまな予想が立てられていたが、このほど日比野美月役を上野樹里が演じることが決定した。

普段は冴えない刑事だが、一旦スイッチが入ると常人離れした格闘能力で悪を粉砕するイクオと、彼の相棒で明晰な頭脳とクールな立ち居振る舞いで裏社会をのし上がっていくヤクザ・段野竜哉(小栗旬)。イクオの裏の顔の相棒が竜哉なら、イクオの表の顔(刑事)での相棒が上野樹里演じる日比野美月だ。

美月は東大出のキャリアのうえに父は警察庁の上層部という超エリートだが、現在は所轄である新宿第二警察署でイクオとバディを組んでいる。イクオは、幼い頃に恩人を殺された事件そのものを、金時計を身につけた警察関係者にもみ消された過去から、その“金時計の男”を幼なじみの竜哉と共にひそかに探し出そうとしている。イクオと竜哉の関係は決して誰にも知られてはならない。しかし美月はイクオの“もうひとつの顔”に気づく鋭さを持ち、本作のストーリーを引っ張っていく重要なヒロインとなる。

上野は生田とは初共演で、初の刑事役。逃走する犯人を追いかけて走ったり、犯人と格闘して逮捕したりとアクションも予定されている。コメディーからシリアスまでひとつのイメージにとどまらず、さまざまな顔を見せる女優・上野樹里の新たな一面に期待が高まる。

ほか、イクオと美月の上司であり新宿第二警察署刑事課課長・三島薫役に吉田鋼太郎、イクオや美月の能力をいち早く認める警視庁捜査一課の美人管理官・橘都美子役に吉田羊、ヤクザである竜哉を執拗に追う新宿第一警察署のエリート刑事・蝶野真一役に滝藤賢一と現在の連ドラシーンで注目を集める3人が勢ぞろい。美月の父で警視庁警務部監察課・日比野圀彦役には光石研がキャスティングされた。さらに、警視庁随一の情報通である警視庁人事課警部補・田村小夏役には、ことし公開された園子温監督の「TOKYO TRIBE」で話題になった清野菜名が決定した。

なお、放送枠は金曜夜10時からの金曜ドラマとなることも決定した(現在は「Nのために」を放送中)。今回の発表に合わせ、上野、生田、小栗のコメントが到着。下記に紹介する。

■上野樹里 コメント

これまで刑事役というと演じることに少し抵抗がありました。今回演じる日比野美月は曲がったことが嫌いで真っすぐな女の子でありながら、嫌味なところがありません。彼女は理性的で状況をよく見て「それはそれ、これはこれ」と淡々とものごとを判断しています。その一方で、刑事としてイクオに対して心の中でどんどん疑惑が膨らんでいくにも関わらず、黙っているところがとても人間的な感じがします。イクオに引かれていくことと、イクオを疑うこと。正反対のこのふたつのことが、美月の心の中にどのように在るのか。彼女の心理状態に、刑事としてというより人間としての魅力を感じて、抵抗なく刑事という役を受け入れることができました。一人は刑事になり、一人はヤクザになり、周りに対して演技をしながら真実を探していく…こういう状況って、私が視聴者なら見ていて、ハラハラ感があって面白く、のめりこむと思います。私自身も、今までとはまた違った面をこのサスペンスで見せられるのが楽しみです。

■生田斗真 コメント

共演の方たちのお名前を聞いて「すごい方たちが集まったな」って感じがしています。僕は上野樹里さんとは初めてご一緒させていただきますが、タッちゃん(小栗演じる段野竜哉)とのコンビがありつつ、上野さんが演じる美月とのコンビもあるので、それぞれどういうふうに絡んでいけるのか、現場に入るのがとても楽しみです。 イクオと美月の間にはラブストーリーが流れますが、それすらもちょっと哀しい。その哀しさ、無情さみたいなものを出せればと思います。

■小栗旬 コメント

僕はイクオ以外の皆さんとお会いすることは、序盤はそんなにないと思うのですが、上野樹里さんはすてきな女優さんですし、他にもいろいろなカラーの役者陣が出演するので、どんな現場になるのかとても楽しみです。 個人的には、舞台でよくご一緒する吉田鋼太郎さんとは映像で共演したことがないので、舞台を離れたらどんな感じなのか、今回とても楽しみにしています。

金曜ドラマ「ウロボロス」
'15年1月スタート
毎週金曜夜10:00-10:54
TBS系で放送
原作=「ウロボロス-警察ヲ裁クハ我ニアリ-」神崎裕也(バンチコミックス/新潮社)
脚本=古家和尚
演出=石井康晴ほか
出演=生田斗真、小栗旬、上野樹里、吉田鋼太郎、吉田羊、清野菜名、滝藤賢一、光石研

キーワード

関連記事

[PR] おすすめ情報